国語史資料の連関 このページをアンテナに追加 RSSフィード

間違い・不足などがありましたら、せせら笑って済ませずに、コメントを頂くか、よりよいものをどこかで公開なさっていただければ、幸甚至極です。

2002-01-20

[]和訓栞大綱(20) 和訓栞大綱(20) - 国語史資料の連関 を含むブックマーク はてなブックマーク - 和訓栞大綱(20) - 国語史資料の連関 和訓栞大綱(20) - 国語史資料の連関 のブックマークコメント

○名物の文字日本紀に あまを白水郎と書し つきを桃花鳥と書し しとゝを座鳥と書し 萬葉集にほとゝぎすを霍公と書し あせみを馬酔木と書し 倭名鈔に田鳥をしぎとし 海老をえびとし 鹿鳴草をはぎとし 野老をところとし 山薑又山葵をわさぴとし 水雲をもづくとし 神馬藻をなのりもとし 難冠木をかへでとするの類 西土の書いまだ出る所をしらす 大よそ古書心得かたきもの多かり それか中にも風土記を最とす 風土記の中に就て古代の本書とおほしきは出雲風土記のみ也 その書せる草にハ説月牧〓離留菩茄鹽味葛あり 木にハ播多年木あり 鳥にハ法吉鳥あり 魚にハ朝〓、〓魚あり 海物に〓子あり かゝるたぐひ今ノ其徴すへきをしらす 又今俗稱する所の山椒、君仙子、山歸來、阿煎藥、秋明菊、延命草、海仁草、耆娑、三禮草、白丁花、沈丁花、春蘭、紫蘭、春菊、紺菊、仙翁花、九蓋草、土骨皮、五八霜、勝軍木、水銀爐の類 漢土の名稱に似て非るも亦少からす

トラックバック - http://kokugosi.g.hatena.ne.jp/kuzan/20020120