国語史資料の連関 このページをアンテナに追加 RSSフィード

間違い・不足などがありましたら、せせら笑って済ませずに、コメントを頂くか、よりよいものをどこかで公開なさっていただければ、幸甚至極です。

2002-01-08

[]和訓栞大綱(8) 和訓栞大綱(8) - 国語史資料の連関 を含むブックマーク はてなブックマーク - 和訓栞大綱(8) - 国語史資料の連関 和訓栞大綱(8) - 国語史資料の連関 のブックマークコメント

古言の略せるかことくなるは其朴也 是を略していひしにはあらす 其朴なるか變して文となりぬる其言も亦自ら長くなり長きことすてに極りぬれは是を略していはさることを得す 此を花に比するに上世の言の如きは其|〓蕾《つぼみ》也 中世の書は其花の開けし也 下世の言は其花の爛漫に及し也 其略していふは其花既に飛て纔に殘れる也といへり(信友譬喩妙)


【注】

『東雅』総論(16)による。

トラックバック - http://kokugosi.g.hatena.ne.jp/kuzan/20020108