国語史資料の連関 このページをアンテナに追加 RSSフィード

間違い・不足などがありましたら、せせら笑って済ませずに、コメントを頂くか、よりよいものをどこかで公開なさっていただければ、幸甚至極です。

2002-01-05

[]和訓栞大綱(5) 和訓栞大綱(5) - 国語史資料の連関 を含むブックマーク はてなブックマーク - 和訓栞大綱(5) - 国語史資料の連関 和訓栞大綱(5) - 国語史資料の連関 のブックマークコメント

西土《モロコシ》は韻語也 我邦は語也 韻語ハ文字によらされは其意義解しかたし よて文字多からされは通用しかたし 語はその意義詞の上にありて文字に意あるにあらす よて假用て足れりとす 詩の句と歌の詞とを考て知へし 語ハ韻語より精密にしてまた感通しやすし よて同語同字にてさま/\と意義わかてること豈倭語の妙處ならすや 仲氏も吾邦原有v音無v字乃借2華字1以紀2單音1疂v音以成v語故一語該2數音1といへり


【注】

仲氏は中村惕斎。『韻学私言』より。

トラックバック - http://kokugosi.g.hatena.ne.jp/kuzan/20020105