国語史資料の連関 このページをアンテナに追加 RSSフィード

間違い・不足などがありましたら、せせら笑って済ませずに、コメントを頂くか、よりよいものをどこかで公開なさっていただければ、幸甚至極です。

1999-12-10

[][]手塚治虫「シーン」 手塚治虫「シーン」 - 国語史資料の連関 を含むブックマーク はてなブックマーク - 手塚治虫「シーン」 - 国語史資料の連関 手塚治虫「シーン」 - 国語史資料の連関 のブックマークコメント


手塚治虫マンガの描き方』光文社(カッパホームス)1977.5.30

音ひとつしない場面に「シーン」と書くのは、じつはなにをかくそうぼくが始めたものだ。(112頁)

わたしが作ったから転載



【コメント】

この証言から、「シーン」という言葉自体を手塚によるものとするものを見たことがあるが、それは誤り。


出典を示して言及】

小松正史、吉村和真「マンガに見る聴覚情報の視覚的記録

http://ci.nii.ac.jp/naid/40006139854/

http://www.nekomatsu.net/results/paper_pdf/komatsu_kiyou04_paper.pdf


出典は示さず】

全く音のしない、しずまりかえった場面を表すのに「シーン」という文字を使って”音のない音”を作り出したのは手塚治虫だそうだ。

石子順『新マンガ学』毎日新聞社(1978.4.5)p124


http://www.zetubou.com/nikki/2006/11/28/176.htm

kuzankuzan2008/04/14 11:13http://tisen.cocolog-nifty.com/blog/2008/02/post_e6ee.html

トラックバック - http://kokugosi.g.hatena.ne.jp/kuzan/19991210