国語史資料の連関 このページをアンテナに追加 RSSフィード

間違い・不足などがありましたら、せせら笑って済ませずに、コメントを頂くか、よりよいものをどこかで公開なさっていただければ、幸甚至極です。

1936-12-30

斎藤茂吉日本語観佐藤佐太郎『童馬山房随聞』昭和十一年十二月三十日) 斎藤茂吉の日本語観(佐藤佐太郎『童馬山房随聞』昭和十一年十二月三十日) - 国語史資料の連関 を含むブックマーク はてなブックマーク - 斎藤茂吉の日本語観(佐藤佐太郎『童馬山房随聞』昭和十一年十二月三十日) - 国語史資料の連関 斎藤茂吉の日本語観(佐藤佐太郎『童馬山房随聞』昭和十一年十二月三十日) - 国語史資料の連関 のブックマークコメント

銀座へ出て、オリンピックでクリームソーダを飲みながら話す。隣の卓に娘が三人いて何かしきりに話しているのを、「ああやって話しているのをきくと日本語というのは相当にいい言葉だね。フランス語がいいということをいうが、跳ねかえる音が多くてそうやさしいものじゃない。アメリカ英語巻舌でだめだし。日本語映画なんかはことさらああいうぐあいにやるからだめだが、こうして自然に話しているのはいいもんだな」といわれた。

トラックバック - http://kokugosi.g.hatena.ne.jp/kuzan/19361230