国語史資料の連関 このページをアンテナに追加 RSSフィード

間違い・不足などがありましたら、せせら笑って済ませずに、コメントを頂くか、よりよいものをどこかで公開なさっていただければ、幸甚至極です。

1477-01-09 このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

周本紀第四

周后――后稷后稷有邰氏元妃ハ正夫人ゾ。見巨――ナニトシタ

ヤラウ、心ノ中ニ忻テ踐フト思テ踐タレハ孕タゾ。居期――期ハ十月

ニ滿ルヲ云ゾ。以爲――トツキモセイテ生タホドニ不祥ト思テ棄ゾ。隘

巷――ハ、セハイ巷ノ馬牛ノトヲル處ニ棄タゾ。牛馬ニ蹈殺セウトテ

ゾ。徙之――馬牛不蹈殺ホドニ虎狼ニクラワセウトテゾ。遷之――

コヽヤカサウトテゾ。飛鳥――覆薦一ノ羽ヲハ上ニ覆テ、一ノ羽ヲ

ハ下ニ薦ゾ。姜原――サラウニハ奇特ナヨト思テトリアケテ養テ人ナ

イタゾ。忔如――忔ハヲモクレタル心ソ。人ノネハイト云ヤウナ心ソ。

ネマリテ物ヲ思案スルコトカヲトナノ志ノヤウナゾ。相地――某地ニハ

某物カヨイトミテ種ルゾ。封于邰――古本ニ邰ヲリト、リヨリ音

ヲ點シタカ、史略ニハ台ノ音ヲツケタカヨイソ。帝舜――爾后稷、ヨク

スルホドニゾ。子不窟――不窟ハ后稷之親所生ノ子テハヨモアラシ、

文王ノ時マテハ千餘歳チヤホドニ、サハアルマイゾ。惟十四代ト云事

ハアルマイソト云注カアルゾ。公劉――行地宜自漆沮行者――蓄積、

多徙――保歸トハ憑テソコへ依歸スルゾ。周道――周興ハ公劉ヨリ

后ノ事ゾ。故詩――周頌ニ多詩也。乃與――岐下ハ岐山ノ下ゾ。鳳

翔ノアツチゾ。乃貶――戎狄ノ風俗ニハ不從シテ、貶シテ戎狄ノセヌ

城郭ノ築地ヲツクゾ。邑別扶老携弱營築――而邑別居□古公

――長子ハ先腹ゾ。虞仲太姜ハ當腹テ一腹トミヘタゾ。長子――

文身斷髮ハ荊蠻ノ俗、一生水ニツカリテヲルホドニ、身ニ畫ヲカイ

タリ、イレハウクロヲシタリ、髮ヲ斷テヲソロシサウニシタリナントスルゾ。蛟

龍カクラウホドニカ□シテヲトスソ。中岩ノ日本紀ヲ撰セラレタニ、國

常立尊ト云ハ呉太伯ノ后裔チヤナントヽ云ハ不合事ゾ。中岩ホ

トノ人チヤカ、ウツクシウモ不合事ヲセラレタゾ。或云、文身ハ日本

カネヲ齒ニ付ル事チャト云ゾ。禮下――伯夷――孟子ニモアル

事也。孤竹之君ニハ長子伯夷、少子叔齊ト讓ヤウテ逃ルホドニ

中子カ即位タゾ。太顛――以下皆周亂臣十人ノ中ノ者トモ也。

乃囚――羑里ハ處ノ名ノヤウニアレドモ、殷時ノ獄名也。夏ニハ

曰夏臺、殷曰羑里、周曰圓土、秦曰囹圄、皆其代々ノ獄名也。

諸侯――決平トハ諸侯カワルイ事カアレハ、西伯ノ處ヘキテ理非ヲ

决シテ平ルゾ。諸侯――受命ハ周ノ受命ハ、此カラチヤト云ゾ。紂曰

――善ヲハ不行[シテ]只天命チヤホドニ運クラヘソト云ゾ。是何――

ナニホトノ事ヲシタサウソト云ゾ。其囚――コヽニハ丈王ノカサネラレ

タト云ゾ。詩人――斷虞苪之訟タカ受命ノヨイ瑞ヂャゾ。改法――

法度ハ法則度量ゾ。制正朔トハ正ハ正月ゾ。周正月ハ、十一月

建子月爲正月ゾ。殷正月ハ十二月建丑ゾ。夏正月ハ今ノ建

寅月也。朔ハ夏朔ハ平旦寅、殷朔ハ鷄鳴丑、周朔ハ夜半子也。

朔ト云ハ日ノ始ゾ。其時ヨリ今日ノ中ゾ。建子ヲ正月ニスレハ子

時ヲ朔ニスルゾ。亥時マテハ昨日、子時カラ今日ゾ。今ハ夏正ヲ用

ルホドニ、平旦寅ノ時カ朔ゾ。丑時マテハ咋日、寅時カラ今日也。

左右王師東觀兵――觀兵トハ惡ヲ不改シテワルクハ可伐ト

云心ゾ。爲文――木主ハ御影ノ樣ニ造ト心得タハワルイゾ。四方ニ

造ゾ。位牌ノ樣ナモノゾ。車中軍武王――我カスルテハナイ、文王ノ

ヲウセヲウケタマワツテ、伐ト云心ゾ。師尚――軍中ニ號令シテ軍ヲ

出タゾ。白魚――魚ハ介鱗チヤホドニ介冑ノ心ゾ。白ハ殷ノ正色

ゾ。言ハ殷ノ界冑之兵カ歸周ト云心ソ。有火――爲烏ハ烏ハ孝

ノアル鳥也。赤ハ周ノ正色也。言ハ孝アル周武王ノ興ルト云心ソ。

魄云ハ魄ハ鳴タル聲ゾ。云ハ然字ノヤウナル心也。女未――マ

タゾ。殷有――マウ伐タテハカナウマイゾ。遂遵――三百乘ニハ甲士四

萬二千人テソアルラウ。乃作――大誓ハ師ノ時誓フ辭ヲ、ナニ誓カ

誓ト云ゾ。乃斷――モトノヨイ樂ヲハセイテ、小歌バカリウタウナウナル

淫聲ヲスルゾ。勉哉――夫子ハ士卒トモト云心ゾ。二月――甲子――

子卯不樂ト云ハ是ゾ。殷紂以甲子死、夏桀以乙卯亡、王者謂

之疾日、不以擧樂爲言、事所以自戒懼[云云]。イマイマシイ日チヤホ

ドニゾ。昧爽ハマタアシタノクライニゾ。遠矣――西土之人トモ。嗟我

――トハ今此へ來タル者トモヲ云ゾ。牝雞――牝ハ不鳴モノゾ。三

拍シテ牡雞ヲ起シテ鳴セコソスレ、鳴事ハナイゾ。鳴ケハモツケテ家

ノツクル兆ゾ。昏棄――遣――今予――維共今日――六歩七歩ニナ

スキソト云ハ、深入ナシソト云心ゾ。夫子――サノミハキルマイゾ。于商

――不禦克犇武王――致師トハ挑戰ゾ。左傳ニ多讀ゾ。紂師――

倒兵トハ皆己カアトノ紂ヲセメタゾ。余謂、倒兵、倒干戈以戰歟。

無戰之心也。以開――中ノ者カ手引ヲシテ武王ノタメニ先キウチ

ノヤウニシタゾ。先以――ト毛詩ニ云タゾ。自射――カウスル法チヤケ

ナゾ。輕劔ハ劔名也。皆經其明――除道トテ狼籍ナルヤシンノ者

カアラウスラトテ、先驅スルヲ云ゾ。罕旗トハ九旒雲罕トテ、罕モ旗ゾ。

毛叔――明水トハ蔡ノ時ノ用ニ月ノ中カラ鑑ヲ以テ取タルキヨイ

水ソ。玄酒トモ云ソ。玄酒ハ水ヲ云ゾ。宗廟ヲ祀ルニ用ルモノゾ。布

茲トハ、茲ハ席ゾ。アラコモヲシクト云フヤウナ心ゾ。賛采トハ、采ハ幤

帛ヲ云ゾ。筴祝トハ、祭文ヲヨムゾ。膺更――コヽノヤウハ前代ヲ改ヲ

革命ト云ゾ。嘉吉元年辛酉ハ革命之年ゾ。紂カ亡タ年ハ己卯ゾ。

武王十三年也。封商――禄父ヲ邶ト云處へ封シタゾ。乃使――

其弟トハ武王ノ弟ゾ。散鹿――欲ニアツメヲイタホドニ本ニカヘラ

イテハカナウマイゾ。展九――保玉ハ寳ト保トハ同ヤウニ用ルゾ。封

比――封墓トハ土ヲ高クシ、マワリヲモヒロクスルゾ。武成ハ篇名ゾ。

吾於武成取二三策矣ト云ハ、ソラ事カ多イモノチヤホドニ云タゾ。

乃褒――焦氏ノアルハ神農之後ゾ。封神農之後於焦、子孫因氏

焉。徴九――九牧之君ハ九州之長ゾ。告女――殷帝乙之十年カ

ラ今伐紂之年マテ六十年也。麋鹿ハワルイ夷羊トテ恠物ゾ。ワル

イ獸ゾ。蜚鴻ハ鳥テハナイゾ。蝗虫ノヤウナルワルイ虫ゾ。此樣ナルワル

イモノトモカアルハ、天不饗殷シルシゾ。又鄭玄説ニハ麋鹿ハ小人、

蜚鴻ハ君子ゾ。在牧ハ朝ニ用ラルヽゾ。滿野ハ棄ラレタヲ云ゾ。其

時ハ鴻鴈ゾ。貶從――殺サウト云心ゾ。顯服――トハ我周服ヲアラハ

サント云心ゾ。自洛――此邊ニ居テ營洛セウト云事ゾ。有河ハ黄

河ゾ。此時ハマタ鳳翔ノ邊ニ居ラレタ時ノ事ゾ。縱馬――桃林モヤ

カテ華山ノ東也。釋旅ハ師モマウアルマイト云事ヲ示テゾ。箕子――

家醜ヲ揚ルニ不忍シテ周ノ所宜ヲ以テ告タゾ。未集トハ未定也。

穆卜――祓齋自爲質欲代武王トハ命ニカワラウトイノルゾ。

此已上ハ牧中ノ講筵ニテノ聽書、此以左ハ余續抄皆臆决ナリ。

王曰定天保依天室上ニ維天ノ建殷トキニ名民ノ賢徳アル人

ヲ三百六十夫マテアケ進メテ、天ノ殷家ニアタへラレタレトモ、皆大

賢テハアレドモ、未能興化致理ホドニ、殷家モ大ニ光昭ニモナイゾ。

サアルト云テ、天ノヤカテ殷ヲ賓滅モセラレヌゾ。周書ヤ隨巢子モ

本カ脱錯シテシカトモナイゾ。不顯亦不賓滅ヲ一本ニハ不顧亦

不賓ト作タゾ。隨巢子ニハ天鬼不顧亦不賓滅ト作タゾ。天鬼ト

ハ天神也ト云ゾ。今言ハカウ大事ナルコトゾ。サルホドニ殷モヨクセヌ

ゾ。天保ヲ定ルカ大事ゾ。サテヤスカニモイネラレヌゾ。サテ定天保トハ

天下ノ人民ヲ保安スルコトゾ。天保ヲ定ルコトハ依天室ゾ。天室

ト云ハ天下ノ中ニアタリテ、四方ノ入貢ノ道理均キ處ゾ。一方ヘ

ヨツヽレハ遠キ處ノ民ノタメニワルイホドニゾ。悉求夫惡――コチヘハ

不從シテ紂ト同惡ナル者ヲハ紂ト同罪ニセヌソ。日夜――我ニ

從テ功勞ヲ致[シテ]我西土ノ周ヲ定タ人トモヲハ我々其服色ト其

徳トヲ顯著ニシテ方明ニスルゾ。自洛衲延――此カ居易母固――

險阻モナウテヨイ在所ナリ。粤陽――古本ニハ陽ハ瞻ト作タゾ。此カ

母遠天室處ヂャゾ。サルホドニ此ニ營周[名+隹]邑ニ居ルゾ。洛邑從來

天地中ト云テ、天下ノマン中ホトゾ。武王病――天下未集トハ未

定トキニ病シシテハトテ群公モ懼テ穆卜周公ノ我レ武王ノ身カ

ワリニ立テ死ナウトテ土ヲ三壇ニ築テ大王、王季、文王ニヨツテ、武

王ノ命ヲ天ニコワレタゾ。武王ヲハ天下ノタメニ命ヲ延ヘテ我レ

命ニカワラウト禱ラレタゾ。此ヲ書テ金縢ニ收テ封[シテ]ヲカレタゾ。金

縢書ト云ハ此事ハ後ニ管蔡流言シタ時ニ成王ノ此ヲ開テ見

テ周公ノ無私コトヲ知テ、管ヲ誅シ蔡ヲ放サレタゾ。カウ禱ラレタニ

ヨツテカ武王ノトリナヲサシムタゾ。後ニ二年而崩ト一本ニハアル

ゾ。殷ノ未亡サキニ微子啓祭器ヲ抱テ周ニ歸タト云説カアルヲ

通鑑ノ評ニサテハアルマイソト云ゾ。是ハ商頌ナントニ見ヘタゾ。微

子去、箕子作奴、比干死ト云タモ背君之心テハナイゾ。伯夷叔

齊カ叩馬諫タシモ君臣ノ義ヲ守テナリ。サルマヘハ啓カナニカ商ヲ

去テ祭器ヲ抱テ周へ歸シタト云事ハアラウゾ。武王ノ克殷ノ後ニ

歸周タハ商ノ祀ヲ不絶トテコソ歸タレ。ナニカ紂カマタイタ時ニ歸

周ト云[コト]ハアラウソト云タゾ。惣[シテ]此時分ニ去商テ周へ歸スル事

ヲハイヤト思タ者カ多クアツタゾ。周カラハ是ヲ殷頑民トテワルイ者

ト云ヘトモ商家ニ對[シテ]ハ忠義莫過焉ゾ。是以テ一代人臣ノ風

俗ヲ可見ゾ。太子誦立――此以上ハ武王ノ紀ノ中ナル補遺ナリ。

成王少周初定――成王ハ幼少ニ[シテ]周ノ天下ハ武王ノ定ラレテ、

イクホトモナウテ崩セラレタホドニ、フキメイテ未定ホドニ、周公ノ我ハ

文王之子、武王ノ弟、成王ノ叔父ナリ、當仁不讓ト思テ我カ政

ヲ不攝シテハ、天下カナニトカナラウスラウト思テ攝政ラレタゾ。日

本テモ攝政ト云ハ天子ノ幼少ナル時ニ云ゾ。今ハ大略天子ノ

幼少ナルニハ、二條殿ノ攝政ヲモタルヽゾ。大明テ権門テワタルホ

ドニヨケナゾ。關白ト云ハ宰相マテゾ。關白ト云義ナリ。漢ノ霍光カ

傳カラ出タ辭ナリ。日本ニ關白ヲ博陸侯ト云モ、霍光カ博陸侯

ニ封セラレタニヨツタコトゾ。關臼ノ父ヲハ太閤ト云ゾ。今一條ノ

太閤ノ髮ヲ剃シタマウタトテ禪閤トヲシタイテ云ゾ。出家セラレツ

レハ禪閤ト云ト云説アリ。是ハ日本ノ云ツケテアラウゾ。出處ハア

ルマイゾ。文章ナントニカイタラバ、ケカテアラウゾ。管叔――二叔ヤ群弟

トモカワルウシテ周公ノ此マヽ天子ニカナラレウスラウトテ疑フゾ。

周公ノ聖人テハシナウテ尋常ノ人ナラバ、マコトニ天下ヲ取テ我

カ其マヽ天子ニモナラレウゾ。管蔡ハ兄弟ナレトモ、小人ノ心ヲ以

テ君子ノ腹ヲハカリタゾ。周公ヲ疑ナラバ周公ノケテ我ラカ成王

ヲ輔佐セウトコソセウスルニ、武庚禄父ヲトリタテヽ殷ヲ興サウトテ、

作亂タハ心得カタイゾ。サレハコソ小人テ誅放セラレタレゾ。熟思之、

イカニ小人ナリトモ、理カ一ナウテハゾ。流言[シテ]周公ヲ讒シタレトモ、

成王ノ金縢書ヲ見テ、周公ヲ信[シテ]疑サルホドニ流言ハシツ、云事

ハ用ラレヌホドニ、我身ノアフナサノアマリニセンカタナウテ、祿父ヲト

リ立テ亂ヲ作タゾ。是カ小人ノ所致ナリ。イカニ我身ヲ没スレハト

テ、非義ヲハセウス事テモナイゾ。一往ハ疑タリトモ、周公ノアヤマリナ

イナラバ、其コソ簡要トテ居タラバ、周公モサノミトカメモセマイモノヲ

ゾ。奉成王命――トハ成王ハ幼少ニ御座アレドモ、御意ヲウケタマ

ワツテト云ハ、周公ノ不専コトヲ示ナリ。トフト武庚ト管叔トヲハ誅

トラックバック - http://kokugosi.g.hatena.ne.jp/kuzan/14770109