国語史資料の連関 このページをアンテナに追加 RSSフィード

間違い・不足などがありましたら、せせら笑って済ませずに、コメントを頂くか、よりよいものをどこかで公開なさっていただければ、幸甚至極です。

2017-05-10

[]「大工や仕事師の江戸言葉は、よくタンカが切れて」(矢田插雲「大工や仕事師の江戸言葉は、よくタンカが切れて」(矢田插雲) - 国語史資料の連関 を含むブックマーク はてなブックマーク - 「大工や仕事師の江戸言葉は、よくタンカが切れて」(矢田插雲) - 国語史資料の連関 「大工や仕事師の江戸言葉は、よくタンカが切れて」(矢田插雲) - 国語史資料の連関 のブックマークコメント

 大工や仕事師の江戸言葉は、よくタンカが切れて、歯ぎれのいいかわりに──むしろその必要からであろうが──荒っぽいごとも、気早なこともまた、この上なしである。昨今の東京弁は、芸妓が代表しているか、女学生が代表しているか、ないしポット出の看護婦が、代表しているかわからないが、

「アラ、とても随分だわよ」

というような言葉が、横行しているものと思えば、間違いはない。旧幕時代の武士階級は、それぞれお国のなまりはあっても、大体において、「ござる」言葉で統一されていた。

 純粋の江戸ッ子にいたっては、木場の旦那でも、蔵前の旦那でも、やはり武蔵野に吹く、空ッ風のような、荒い言葉を用いた点では、大工か仕事師と、大差はなかった。虫も殺さぬような顔をした芸妓なども、「あいつ」とか、「こいつ」とか、平気でいっていたそうである。

 その荒っぽい江戸弁も、武士の前では、特別にていねいにするならいであった。武士に「無礼者ッ」と認められることは、オオゴトであったからである。.

 平生ていねいな言葉を使いつけない職人などが、旗本の座敷へ通されて、急によそいきの言葉を、しぼり出す時のおかしみを、今でも落語家が話して聞かせる。しかしこれは、客の錯覚を利用した筋であって、実際上では、どんなにそそっかしい職人でも、武士の前へ出て、

「そうでございます」

「こうでございます」

くらいの程度に、言葉をつつしむたしなみはあった。

 ただここに誰の前へ出ても、決して言葉を改めない──或いは改め得ない階級が、一つあった。

それは深川の、漁師言葉というものであった。日本全国どこへ行っても、漁師の言葉が、放胆蕪雑《ほうたんぶざつ》なのは一律である。なぜに漁師言葉が百姓言葉よりも荒々しいかというに、漁師は板子一枚に命を托し、荒い浪風の中で物をいいつけるせいでもあろうか、充分わからないが、江戸の漁師町たる深川の住民も、普通の江戸ッ子が、腰を抜かすほど、荒っぽい言葉を用いる特権をもっていた。

 永代橋界隈、黒江町界隈の漁師町が、-いつしか海と縁が遠くなり、昔の漁師の子孫が、多くは剥身屋《むきみや》にかわって後も、漁師言葉だけは、少しも変らずにつづいてきた。番町辺へ出入りする八百屋、魚屋、小間物屋などが、言葉丁寧に、腰も低くしたのに反し、ひとり深川の剥身売りだけは、大家の門番だろうが、用人だろうが、

「剥身買わねいか」

「負かるものか、腐った剥身だって、そんな値には買えねいぞ」

というようなぞんざいなー時には、ぞんざい以上なタンカをきって、人も怪しまず、自分も恐れぬ特権をもっていた。

 旧幕臣であった老人などは、今でも、

「あればかりは治外法権でした。聞いている方でも、別段腹が立たず、かえって小気味のよいタンカに聞き惚れて、しまいには、ふき出してしまうこともありました」

と思い出話をするほどだから、よほど乱暴な、物言いをしたものらしい。昔からいろいろの株があるうちで、これなどは利欲にかかわらない、面白い株である。

矢田插雲江戸から東京へ』七 中公文庫p.285-288

「平生ていねいな〜たしなみがあった」 田中章夫『東京ことば』p.50所引

トラックバック - http://kokugosi.g.hatena.ne.jp/kuzan/20170510

2017-01-01

[]「言葉が汚くなりました」(田辺茂一「言葉が汚くなりました」(田辺茂一) - 国語史資料の連関 を含むブックマーク はてなブックマーク - 「言葉が汚くなりました」(田辺茂一) - 国語史資料の連関 「言葉が汚くなりました」(田辺茂一) - 国語史資料の連関 のブックマークコメント

町立の学校には、一年しか在籍しなかった。二年からは、大久保にあった私立高千穂小学校に転入した。

「茂《しげ》は、この頃、言葉が汚くなりましたからネ……」と母親が父に相談したのである。街の子供たちとの交流で、自然とその感化をうけるということが、ハッキリしたからである。

トラックバック - http://kokugosi.g.hatena.ne.jp/kuzan/20170101

2016-06-01

「「を」は、明瞭に「お」と区別して発音」(芦田恵之助「「を」は、明瞭に「お」と区別して発音」(芦田恵之助) - 国語史資料の連関 を含むブックマーク はてなブックマーク - 「「を」は、明瞭に「お」と区別して発音」(芦田恵之助) - 国語史資料の連関 「「を」は、明瞭に「お」と区別して発音」(芦田恵之助) - 国語史資料の連関 のブックマークコメント

表記は徹底表音に従いました。表記方法は、文部省の新仮名づかいに従って、「は」「へ」を「わ」「え」としました。客語をあらわすてには「を」だけは、私は明瞭に「お」と区別して発音し得ますから、生かしておきました。

芦田恵之助『恵雨自伝』「二八 南洋群島国語読本の編輯」上 p.290

トラックバック - http://kokugosi.g.hatena.ne.jp/kuzan/20160601

2016-05-04

熊本・大分方言における「ねまる」 熊本・大分方言における「ねまる」 - 国語史資料の連関 を含むブックマーク はてなブックマーク - 熊本・大分方言における「ねまる」 - 国語史資料の連関 熊本・大分方言における「ねまる」 - 国語史資料の連関 のブックマークコメント


以下は、『九州方言の基礎的研究』九州方言学会 風間書房 昭和44年)の「食物の腐敗」(老)の項(p.123)から、熊本県大分県の部分を抜き出したものです。


50年程前の老年層(明治二十年代から三十年代生まれが中心)ですから、現在は変わっている可能性もあります。


23 食物の腐敗    (14)

  御飯が古くなって妙な臭いがするようになったら,その御飯はどうなったと言いますか.

  〈参考〉ネマッタ・スエタ



熊本県

1牛深市牛深町ネマッタ
2天草郡河浦町大字河浦ネマッタ
3天草郡苓北町坂瀬川字小路クサッタ,ネマッタ
4本渡市下浦町字金焼≪カナヤキ≫ネマッタ,クサッタ
5天草郡有明町楠甫≪クスボ≫字下毛ネマッタ
6宇土郡三角町大字前越ネマッタ
7熊本市元三町ネマッタ
8飽託郡河内芳野村嶽ネマッタ
9玉名郡長州町大字長州ネマッタ
10玉名郡菊水町大字江田ネマッタ
11鹿本郡鹿北町大字岩野字陣内ネマッタ
12菊池市大字原永山ネマッタ
13阿蘇郡小国町黒淵スエッタ
14阿蘇郡一の宮町大字手野≪テノ≫スエッタ
15阿蘇郡西原村小森ネマッタ
16阿蘇郡久木野村大字河陰ネマッタ
17上益城郡清和村大川ネマッタ
18上益城郡益城町大字杉堂ネマッタ
19上益城郡矢部町大字目丸ネマッタ
20上益城郡砥用町三加ネマッタ
21八代郡宮原町今ネマッタ
22八代郡坂本村大宇鶴喰≪ツルバミ≫ネマッタ
23芦北郡芦北町大字天月≪アマズキ≫ネマッタ
24球磨郡五木村字葛八重≪クズバエ≫ネマッタ
25球磨郡湯前町字馬場ネマッタ
26球磨郡球磨村渡≪ワタリ≫字立野≪タテノ≫ネマッタ

大分県

1南郡蒲江町丸市尾浦≪マルイチビウラ≫クサッタ,スエタ
2南海部郡大匠村堂の間スエタ
3南海部郡鶴見町大字地松浦スエタ
4津久見市大字日見スエタ
5臼杵市大字井村スエタ
6大野郡千歳村クサッタ,スエタ
7大野郡清川村六種スエッタ,クサッタ
8竹田市太田スエッタ
9直入郡直入町大字長湯スエッタ
10大分市城ノ市局区内市尾《イチノオ》スエタ,クサッタ
11大分市大字古国府スエタ,クサッタ
12速見郡日出町大字南端字目刈スエッタ,クサッタ
13玖珠郡玖珠町大字日出生≪ヒジユ≫イトーダ,ネマッタ,スエッタ,クサッタ
14大分郡湯布院町湯平≪ユノヒラ≫字谷川スエッタ,クサッタ
15九重町大宇町田スエッタ
16日田郡前津江村大字大野ネマッタ
17日田市布の瀬町ネマッタ
18下毛郡耶馬渓村大字平田字中村スエッタ,クサッタ
19宇佐郡四日市町葛原クサッタ,クサレタ,スエッタ
20豊後高田市大字松行スエッタ,クサッタ
21杵築市狩宿≪カリシユク≫スエッタ,ネバッタ,クサッタ,イトーダ
22東国東郡東町大字富来三浦スエッタ,クサッタ
トラックバック - http://kokugosi.g.hatena.ne.jp/kuzan/20160504

2016-05-03

熊本・大分方言における「しこる」 熊本・大分方言における「しこる」 - 国語史資料の連関 を含むブックマーク はてなブックマーク - 熊本・大分方言における「しこる」 - 国語史資料の連関 熊本・大分方言における「しこる」 - 国語史資料の連関 のブックマークコメント


以下は、『九州方言の基礎的研究』九州方言学会 風間書房 昭和44年)の「シコル」(老)の項(p.125)から、熊本県大分県の部分を抜き出したものです。


50年程前の老年層(明治二十年代から三十年代生まれが中心)ですから、現在は変わっている可能性もあります。


25  シコル       (6)

  1 シコルということばをどういうときに使いますか。

  2 (1)「からだ,手足ががんじようになる」という意味にシコルと言いますか。

    (2)「草木が茂る」という意味で言いますか。

    (3)「威張る」という意味で言いますか。

    (4}「肩がこる』という意味で言いますか。

<注意>1の問いで得た事象を,2でなおよくたしかめること。


熊本県

1牛深市牛深町2,3
2天草郡河浦町大字河浦3
3天草郡苓北町坂瀬川字小路×
4本渡市下浦町字金焼≪カナヤキ≫×
5天草郡有明町楠甫≪クスボ≫字下毛×
6宇土郡三角町大字前越1
7熊本市元三町3
8飽託郡河内芳野村嶽1
9玉名郡長州町大字長州3
10玉名郡菊水町大字江田×
11鹿本郡鹿北町大字岩野字陣内1
12菊池市大字原永山2
13阿蘇郡小国町黒淵3
14阿蘇郡一の宮町大字手野≪テノ≫2
15阿蘇郡西原村小森2,3,4
16阿蘇郡久木野村大字河陰2
17上益城郡清和村大川2
18上益城郡益城町大字杉堂1,2
19上益城郡矢部町大字目丸1,2
20上益城郡砥用町三加×
21八代郡宮原町今3
22八代郡坂本村大宇鶴喰≪ツルバミ≫3
23芦北郡芦北町大字天月≪アマズキ≫3
24球磨郡五木村字葛八重≪クズバエ≫×
25球磨郡湯前町字馬場3
26球磨郡球磨村渡≪ワタリ≫字立野≪タテノ≫×

大分県|

1南郡蒲江町丸市尾浦≪マルイチビウラ≫1,2
2南海部郡大匠村堂の間2
3南海部郡鶴見町大字地松浦1,2
4津久見市大字日見2
5臼杵市大字井村1,2
6大野郡千歳村1,2
7大野郡清川村六種1,2
8竹田市太田1,2,3,5(怒る)
9直入郡直入町大字長湯1,2
10大分市城ノ市局区内市尾《イチノオ》2
11大分市大字古国府2
12速見郡日出町大字南端字目刈2
13玖珠郡玖珠町大字日出生≪ヒジユ≫2
14大分郡湯布院町湯平≪ユノヒラ≫字谷川2
15九重町大宇町田2
16日田郡前津江村大字大野2
17日田市布の瀬町2
18下毛郡耶馬渓村大字平田字中村2
19宇佐郡四日市町葛原2
20豊後高田市大字松行2
21杵築市狩宿≪カリシユク≫2
22東国東郡東町大字富来三浦2
トラックバック - http://kokugosi.g.hatena.ne.jp/kuzan/20160503