鼠璞十種

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

鼠璞十種

二冊 大正5年 国書刊行会


1

高尾追々考

吉原細見記考

諸家随筆集(白峰亭日記・水谷随筆・さたなし草・茶町子随筆・村井随筆・尾陽見聞事記・蔵鋒軒随筆・居家鞭石録・年号記)

奇異珍事録

浮世草

橘窓自語

即事考

反古のうらがき

読老庵日札

色里新かれうびん


2

明和誌

道聴塗説

続道聴塗説

昔ばなし

燈前一睡夢

江戸見草

板児録抜粋

遊相医話

宝貨漫文抄

宝永年聞諸覚漕伊勢町元享間記

麹街略誌稿

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。