黒川真頼

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

黒川真頼

黒川眞頼 國學者

【本姓】金子氏。後に、黒川氏を繼ぐ。

【生歿】文政十二年十一月七日生れ、明治三十九年八月三十日歿す。享年八十三、

【墓所】東京谷中墓地

【閲歴】上野桐生の人.性頴敏で學を好み、十七歳の時笈を負うて江戸に出で、黒川春村(別項)に從つて國語音韻等を學んだ。春村には實子があつたが、家學を繼ぐに足らなかつたので、商業を營ましめ、眞頼を養子にして家學を繼がせた.眞頼明治二年大學少教授に任ぜられ、次いで元老院の書記生に轉じ、後、東京帝國大學教授になつた。明治二十年文學博士の學位を得た、大學で教鞭を執る傍ら、東京美術學校・東京高等師範學校東京音樂學校等の講師を兼ねた、又帝室博物館に出勤し.宮内省御歌所の寄人でもあつた.明治三十五年東京帝國大學教授を辭し、同大學の名譽教授に任ぜられた.同三十九年八月三十日病革まるに及んで旭日小綬章を授けられた、

【業績】眞頼は春村の學を繼いで國語及び音韻の學を專門としたが.又考證に長じ、風俗史・美術史に造詣頗る深く、この方面の研究は、寧ろ國語・國文に關する研究よりも多く學界に貢獻してゐる、又、「古事類苑」「語彙」(各別項)の編纂にも參與した、黒川眞頼全集*六卷(黒川眞道等編.明治四十三年三月ー同四十四年十二月刊)がある。

[著書]

國語學

日本文典大意(明治五年成。第一章音、第二章詞、第三章から第十一章までは九つの品詞を説いてゐる。全集卷六所收)

日本小文典(明治五年成。文字音韻篇と文章篇に分け、「日本文典大意」と同じく西洋文典を多少摸倣して作つたものであるが.當時としては簡單で且つ顔る要領を得たものである。全集.卷六所收)

日本文典初歩(二部あり、一は明治六年五月十五日に出来たもの、一は同年同月二十一日に出來たもの。前者は簡單に五十音品詞の設明をしたもの、後者は實例を掲げて簡單に文章法を説いたもの。全集卷六所收)

詞の栞二鋪(刊。活用手爾波の圖表で.「詞八衢」「和語説略圖」等に依つて作つたもの)

詞の栞打聽一册(明治二十八年八月刊。詞の栞について眞頼講義したのを門人が筆寫したもの)

玉の緒變格辨一巻(同十六年刊。「ことばのたまのを」參照)

もこそ問答(同十六年,門人三田葆光質問に依つて.「もこそ」の「こそ」は普通の「こそ」と變る事なしと説いて「詞の玉緒」の誤を正したもの)

詞八衢講義一册(未完成)

字音問答案一册(同二十七年.文部大臣が帝大の教授達に、字音假名遣(樣・要・用・蝶・法・侵・安・困・判官.等)について意見を徴したのに答へたもの)

日本言語説(國語假名及び漢字の關係を簡單に述べたもの)

假名新説(片假名の歴史的考察)

色葉歌作者考(色葉歌の作者について古來の説を概觀し.次に自説を出して作者弘法大師に非すとす)

〇歌語解説?(「ゆくへ」「ものから」等十四語の解釋)(以上全集卷六所收)。

〔國文關係〕

日本文學大要(奈良朝.平安朝國文學の概説)

物語繪詞説

和歌所考

今樣歌起原沿革

○詠歌獎勵説(以上.全集巻六)

〔美術工藝〕

考古晝譜十一卷(全集卷一.二

日本美術性質

日本美術由來

日本美術沿革

日本美術と佛教との關係

日本繪畫沿革説

○家屋建築説

日本蒔繪沿革

日本古代武器説(以上全集卷三所收)、外に彫刻・建築・工藝等の古美術に關する多くの考證論説が、全集卷三に收められてゐる。

國史・其他〕

日本書紀を讀む心得

日本古典年代説

○天智帝時代文學及社會文化状況

○天平時代文學及社會状況

○朝綱史

日本上古の外交

○南山長松幹枝論

○長慶院非譲位辨

○蝦夷人種論

俳優

○遊女考(以上全集卷四所收)、この外、全集卷四には、風俗史及び制度に關する多くの論考が牧められてゐる。          〔龜田次郎

http://blog.livedoor.jp/bunkengaku/archives/24920420.html

19060830,,新潮日本文学大辞典


 PDD図書館獨澄旻さん)の人名辞典に項目あり。
http://www.cnet-ta.ne.jp/p/pddlib/biography/frame.htm

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。