黒岩比佐子『パンとペン

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

黒岩比佐子『パンとペン

黒岩比佐子

『パンとペン――社会主義者・堺利彦と「売文社」の闘い 』

パンとペン 社会主義者・堺利彦と「売文社」の闘い

パンとペン 社会主義者・堺利彦と「売文社」の闘い

二〇一〇年一〇月七日 第一刷発行

講談社

序章 一九一〇年、絶望のなかに活路を求めて

文士・堺枯川

日露戦争と非戦論

"理想郷"としての平民社

「冬の時代」前夜

大逆事件

売文社創業

『へちまの花』

多彩な出版活動

高畠素之との対立から解散へ

一九二三年、そして一九三三年の死


あとがき

堺利彦略年譜

主要参考文献

人名索引

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。