鶴田洋子『ことば遊び

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

鶴田洋子『ことば遊び

鶴田洋子ことば遊びことばの小径〉』誠文堂新光社

一九八八年一一月二六日発行

ISBN:4416888341

#ことば遊び



  ことば遊び/目次

序章ことば遊びってなんだ?

第1章 音で楽しむ

     1 音遊び

     2 早ロことば

     3 畳語

     4 挟みことば、はめことば

     5 弁慶読み

第2章 問答を楽しむ

     1 しゃれ

     2 無理問答

     3 なぞなぞ

     4 むだぐち

     5 ロ答え、口封じ

第3章 ゲームを楽しむ

     1 しりとり

     2 カード遊び

     3 伝言ゲーム

     4 タブレット

     5 ことば合戦

第4章 見て楽しむ

     1 頭文字

     2 さかさま読み、回文

     3 あて字

     4 にせ字作り

     5 謎絵

第5章 意味で楽しむ

     1 パロディ

     2 ありえないこと

     3 見立て

     4 重言

     5 まわる話、はてしない話

第6章 書いて楽しむ

     1 漢字分解

     2 絵かき歌

     3 文字

     4 人文字

   参考文献

   あとがき

書籍からの画像で注記のないものは、著者の著作権が切れ、刊行後五十年以上経っているものである筈です。