鳩野恵介「漢和辞典における慣用音の規範」

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

鳩野恵介「漢和辞典における慣用音の規範」

『語文』91 2008.12 鳩野恵介 35頁~46頁

漢和辞典における 慣用音規範

有坂秀世「メイ(明)ネイ(寧)の類は果して漢音ならざるか」國語音韻史の研究増補新版』三省堂所収(一九四〇)

有坂秀世「帽子」等の假名遣について」同前(一九四二)

岡島昭浩「唐音語存疑」文献探究の会『文献探究」第25号(一九九〇)

岡本勲『日本漢字音の比較音韻史的研究』桜楓社(一九九一)

佐々木勇「日本漢音における止摂合口字音の受容に見られる位相差」『國語國文』第七十三巻*(二〇〇四)

佐藤宣男「教育漢字における慣用音」福島大学教育学部論集人文科学部門』第64号*(一九九八)

高松政雄『日本漢字音の研究』風間書房(一九八二)

高松政雄『日本漢字音論考』風間書房(一九九三)

藤堂明保呉音漢音『藤堂明保中国語学論集』汲古書院一九八七所収(一九五九)

沼本克明『平安鎌倉時代に於る日本漢字音に就ての研究』武蔵野書院(一九八二)

沼本克明字音假名遣いについて」築島裕編『日本漢字音史論輯汲古書院(一九九五)

沼本克明慣用音佐藤喜代治ほか編『漢字百科大事典明治書院(一九九六)

沼本克明日本漢字音の歴史的研究―體系と表記をめぐって―』汲古書院(一九九七)

林史典「呉音系字音における舌内入声音のかな表記について」『国語学』第百二十二集(一九八〇)

肥爪周二ウ列開拗音の沿革」『訓点語と訓点資料』第一〇七輯(二〇〇一)

平山久雄「中古漢語の音韻」中国文化叢書1言語大修館書店(一九六七)

満田新造「スヰ」「ツヰ」「ルヰ」の字音假名遣は正しからず」『国学院雑誌』第二十六巻第七号、『中國音韻史論考朋友書店一九九七所収(一九二〇)

湯沢質幸「漢字の慣用音」佐藤喜代治編『漢字講座3漢字と日本語明治書院(一九八七)

原田種成漢字小百科辞典三省堂isbn:4385135908 (一九八九)

若松由美「日本漢字音における慣用音の研究」神田外語大学大学院言語科学研究』第五号(一九九九)

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。