魚住和晃『「書」と漢字』

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

魚住和晃『「書」と漢字』

魚住和晃

1996.5.10

講談社選書メチエ76

「書」と漢字 (講談社選書メチエ)

「書」と漢字 (講談社選書メチエ)

序章

第一章 聖徳太子は三経義疏を書きえたか 法華義疏

 1 法華義疏調査記録から  1

 2 書法から見た法草義疏  ー

 3 法華義疏聖徳太子自筆


第二章 日本最古の碑の謎 宇治橋断碑

 1 金石学

 2 日本の金石学

 3 藪田嘉一郎の宇沿橋断碑論

 4 宇治橋断碑の造形的分析

 5 宇治橋碑は道登供養の碑


第三章 欧陽詢書法の展開 金剛場陀羅尼

 1 金剛場陀羅尼経の造形性

 2 欧陽詢か欧陽通か

 3 だれが金剛場陀羅尼経を書いたのか

 4 長谷寺法華説相銅板銘


第四章 東大寺献物帳は語る  正倉院文書

 1 東大寺献物帳が伝える正倉院の書

 2 聖武天皇光明皇后の書

 3 多様化した書法形態


第五章

空海書法意味- -嵐信帖と金剛般若経開題

 1 風信帖と呼ぶこと

 2 書状ということ

 3 風信帖を読む

 4 平安時代空海の書はどう評価されたか

 5 空海書論

 6 風信帖書法1-

 7 王羲之の書の真価とは何かー

 8 金剛般若経開題の書法i…


第六章 千変万化の筆脈  伊都内親王願文

 1 伊都内親王願文とは何か

 2 伊都内親王願文書法     -ii  l

第七章 天才児道風と和様  智証大師賜号勅書と玉泉帖

 1 三筆と三跡

 2 三筆と三跡の間にあるもの

 3 智証大師賜号勅書

 4 玉泉帖

あとがき

索引

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。