高野繁男『近代漢語の研究

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

高野繁男『近代漢語の研究

高野繁男(2004)『近代漢語の 研究―日本語造語法訳語法―』明治書院

目次

まえがき

序章 近代語彙研究の概略と課題


第1章 『医語類聚』の訳語

  1 語基基本漢字

   (1) 資料と目的

   (2) 語基基本漢字の単位

   (3) 1字漢字語基

   (4) 1字語基漢字

  2 語基語構成

   (1) 2字漢字語基

   (2) 2字語基の性格と品詞性

   (3) 語の構成


第II章 『哲学字彙』の訳語

  1 資料語基の抽出

   (1)語基の単位

   (2) 語基分布

  2 語基の生成    

   (1)既存語語基

   (2) 新たな語基の生成

  3 現代語と『哲学字彙』の語基

   (1)現存する語彙

   (2)消滅した語彙


第III章『百科全書』の語彙

  1 文系の語彙

    経済学 Political Economy(1の資料項目を示す)

    論理学  Logic

    修辞及華文 Rhetoric and Belles-Lettres

    言語学  Language

   (1)和製漢語の中の現存語

   (2)和製漢語の中の消滅語

  2 理系の語彙

  化学   Chemistry          (2の資料項llを示す)

  天文学  Astronomy

  物理学  Natural Philosophy-Matter and Motion

  (1) 和製漢語の中の現存語

  (2) 和製漢語の中の消滅語


第IV章 『明六雑誌』の語彙

      1 『明六雑誌』の語彙構成

       (1)語の種別

       (2)「語」と「語基

       (3)『明六雑誌』の漢語

      2 現存する和製漢語

       (1)学術・法律・政治・教育に関する語彙

       (2)経済・社会に関する請彙

       (3)精神・身体に関する語彙

       (4)その他の語彙

       (5)借用語転用語

      3 消滅した和製漢語

       (1)辞書に登録された語

       (2)辞書に登録されなかった語


第V章 蘭学資料語彙         204

        『訳鍵』の語彙 204

       (1) 『訳鍵』における訳語の特質 204

       (2) 既存語による置き換え 210

       (3) 造語による置き換え 217

      2 付『蘭学訳撰』の和製漢語 217


第VI章 日中現代漢語の層別    224

  1 資料と方法  225

  2 語彙の層別  226

  3 意味による層別  229

  4 典拠による層別  238

第V章 近代漢語造語法訳語法  243

  1 蘭学から英学へ  243

  2 消滅した和製漢語  250

  3 理系の語彙と文系の語彙  252

あとがき  257

索引  259

<<

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。