高橋明彦「復刻の形而上学

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

高橋明彦「復刻の形而上学

高橋明彦

復刻形而上学―版の概念をめぐるマンガの諸問題」

マンガ文献研究』5(2012.3.28)

pp.18-30

復刻という言葉

複製文化としてのマンガ

書誌学における版と刷

版・刷の区別の実態

多版的展開の本質

版と刷を区別するものは何か

版の概念を保証する実体が無いということ

諸版の全体をつかむこと

同一性と差異性(異同)の概念

フキダシ内の文字校合

マンガにおける文字の形相と質料

マンガ文字の物質性について

初版異同の本丸、原画について

原画の諸様相

漂流する原画・猫面

おわりに・物質性と理念性

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。