高橋太郎「現代日本語のヴォイスについて」

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

高橋太郎「現代日本語のヴォイスについて」

高橋太郎

1985

現代日本語ヴォイスについて」

『日本語学』4-4

参考文献(一部)

奥田靖雄「を格のかたちをとる名詞動詞のくみあわせ」

奥田靖雄「に格の名詞動詞のくみあわせ」

奥田靖雄「で格の名詞動詞のくみあわせ」

 以上三論文は、言語学研究会編『日本語文法・連語論(資料編)』に。

奥田靖雄語彙的な意味のあり方」(『教育国語』8)松本泰丈編『日本語研究の方法』

かねこひさかず「ト格の名詞用言的な名詞とのくみあわせの問題から」(『教育国語』79)

教科研東京国語部会・言語教育サークル『文法教育

言語学研究会編『日本語文法・連語論(資料編)』むぎ書房

国立国語研究所報告82『現代日本語アスペクトテンス

佐久間鼎『現代日本語の表現と語法』(復興増訂版)恒星社厚生閣

鈴木重幸『日本語文法・形態論』むぎ書房

高橋太郎連体形のもつ統語論的な機能形態論的な性格の関係」(『教育国語』39)松本泰丈編にある。

高橋太郎「文中にあらわれる所属関係の種々相」(『国語学』)

高橋太郎・岩城謙・宇賀神尚雄・立野美奈子・田上隆司・森明子・星名信昭・我妻敏博「動作の持続は手話(伝統的手話)でどうあらわされるか――(伝統的)手話への文法的な接近の一方法――ー」(国立特殊教育総合研究所特別研究報告書『手指法等の評価と適応に関する研究』)

靏岡昭夫江戸語・東京語における可能表現の変遷について」(『国文学言語と文芸』54)

中村通夫「来れる」「見れる」「食べれる」などという言い方についての覚え書」(『金田一博士古稀記念言語民族論叢』三省堂)

仁田義雄対称動詞」()と半対象動詞()と非対称動詞()――格成分形成規則のために――」(東北大『国語学研究』13)

野村雅昭近代語における既然態の表現について」(『佐伯梅友博士古稀記念国語学論集表現社)

藤井正日本語使役態」(山口大『研究論叢』20-1)

細江逸記我が国語の動詞の相(Voice)を論じ,動詞の活用形式の分岐するに至りし原理の一端に及ぶ」(市河三喜編『岡倉先生記念論文集』)

松下大三郎『標準日本文法』紀元社

松本泰丈編『日本語研究の方法』むぎ書房

三上章現代語法序説――シンタックスの試み――』刀江書院

宮島達夫動詞の意味・用法の記述的研究』(国立国語研究所報告43)

村木新次郎日本語機能動詞表現をめぐって」(国立国語研究報告65『研究報告集』2)

村木新次郎迂言的なうけみ表現」(国立国語研究所報告74 『研究報告集』4)

村木新次郎単語意味文法現象」(『日本語学』2-12)

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。