高松政雄『日本漢字音論考』

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

高松政雄『日本漢字音論考』

日本漢字音論考

日本漢字音論考

高松政雄

漢字音漢字音

 漢字音史序

 漢字音史(一)

 漢字音史(二) 直音

 漢音清濁

 所謂「新漢音」に就きて若干

 中世仏家に於ける呉音 心空

 呉音等韻学 日遠

 中世唐音


漢字音と国語音

 漢字音と国語音

 入声音促音

 音便 語結合点に於ける音節短縮としての

 連母音とその融合 字音の和化

 連声 字音韻尾の和化の過程に於ける

 合口字音の和化 唇的拗音の消長

 拗音仮名の一の場合 「せうとく(所得)」

 「按察使ーアゼチ」なる読みに就いて 字音語の和化の一問題


漢字音研究上の問題

 漢字音研究上の問題一二

「宜熱習漢音」(延暦11年の勅) 日本漢字音史上に於けるその背景と意義

ヴェンクの日本漢字音研究に就いて


個別論

 「獲」字の音

 「村 ジュン」 呉音の一問題

 「惑」ワク」「軟 ナソ」に就いて

 「不」 慣用音成立の一の場合

 「淮 ワイ」唐音の流布勢カ


〈付論〉漢語論若干

 和用法字音語 色葉字類抄畳字部より

 準漢語 色葉宇類抄中の「-詞」註記語より

 準漢語の一つの場合 「-着」に就いて


後記

索引

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。