高島俊男「漢字の「慣用音」って何だろう?」

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

高島俊男「漢字の「慣用音」って何だろう?」

高島俊男お言葉ですが…別巻⑤漢字慣用音って何だろう?』所収 2012.7.5

pp.7-74

湯沢賢幸「漢字の慣用音」?


呉音漢音唐音慣用音

湯沢賢幸さんの考察

呉音漢音の認定の根拠は?

辞書によって判定はまちまち

〈個箇カ・コ・ケについて〉

〈保ホウ(ハウ)・ホについて〉

〈側ソク・ショク・シキについて〉

慣用音とするかしないか

〈偶グ・グウ・ゴウについて〉

慣用音ができたわけ

不備だらけ,漢和辞典解説

〈輸シュ・ユ、軍クン・グンについて〉

百姓読み誤読によるもの

入声語尾誤読によるもの

漢字誤読が定着したわけ

〈秤ショウ・ヒョウ・ビンについて〉

慣用音発生の最大原因

日本語清濁音について

濁音、かつては鼻濁音

濁音消滅前の中国語日本

太宰春台の見解

わたしの見解

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。