高山善行「〈推定表現〉と〈質問表現〉の交渉」

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

高山善行「〈推定表現〉と〈質問表現〉の交渉」

高山善行

待兼山論叢20


参考文献

 松尾捨治郎国語法論攷』(文学社)(1936)

 阪倉篤義竹取物語の構成と文章」(1956)(『国語国文』昭31・11 後に『文章と表現』・角川書店 に所収)

 森重敏日本文法通論』(風間書房)(1959)

 国立国語研究所話しことばの文型(1)』(秀英出版)(1960)

 山口堯二「「まし」の意味領域」(1967)(『国語国文』昭43・5後に『論集日本語研究7・助動詞』・有精堂 に所収)

 佐田智明平安朝における終助詞「かし」について」(1978)(『春日和男教授退官記念語文論叢』昭53・11・桜楓社)

 仁田義雄可能性・蓋然性を表わす擬似ムード」(1981)(『国語と国文学』昭56・5特集号)

 仁田義雄「文の骨組」(1985)(『応用言語学講座1・日本語教育』・明治書院 所収)

 工藤浩「叙法副詞意味機能」(1982)(『国立国語研究所報告」71)

 國廣哲彌『ことばの意味3』(1982)(柴田武氏担当部分・平凡社)

 川端善明副詞の条件」(1983)(『副用語の研究』・明治書院 所収)

 寺村秀夫日本語のシンタクスと意味II』(1984)(くろしお出版)

 南不二男「質問文の構造」(1985)(『朝倉日本語新講座4・文法意味II』所収)

 言語学研究会「条件づけを表現するつきそい・あわせ文(2)」(1985)(『教育国語』82・昭60・9)

 宮地裕『新版文論』(明治書院)(1979)(第一章文の意味会話表現文・文」および、「疑問表現」)

書籍からの画像で注記のないものは、著者の著作権が切れ、刊行後五十年以上経っているものである筈です。