高宮幸乃「格助詞を伴わないカの間接疑問文について」

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

高宮幸乃「格助詞を伴わないカの間接疑問文について」

http://ci.nii.ac.jp/naid/120000947641

高宮幸乃2005

格助詞を伴わないカの間接疑問文について」

三重大学日本語日本文学』16 pp.15-27

1.はじめに

2.間接疑問文の種類

3.主節述語の種類

4.格助詞を伴わない間接疑問文文型

5.まとめと今後の課題

引用論文

野村剛史(1995)「カによる係り結び試論『国語国文』64-9,pp.1-27.

藤田保幸(1983)「従属句「~カ(ドウカ)」の述部に対する関係構成」『日本語学』2,pp.76-83.

藤田保幸(1997)「従属句「~カ(ドウカ)」再考」『滋賀大学教育学部紀要Ⅱ人文科学・社会科学』47,pp.1-10.

書籍からの画像で注記のないものは、著者の著作権が切れ、刊行後五十年以上経っているものである筈です。