馬淵和夫博士退官記念国語学論集

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

馬淵和夫博士退官記念国語学論集

出雲朝子 「仰ぐ」「倒る」等の語形について

犬飼隆 「通路」下巻と「玉緒」

伊牟田経久 ゾ・ナム・コソの差異―蜻蛉日記を中心に

大木正義 蜻蛉日記における「とあり」

岡崎和夫 平安時代作り物語日記作品にみえる「ためらふ」

小川栄一 「少々」の史的考察

鬼山信行 「~上」という表現法の成立

木村秀次 寛文十年本「頭書増補二行節用集」について

小池清治 今昔物語集本朝部「来」字の訓法―キタルとク

小島俊夫 敬語体系変化の一側面―一九世紀江戸語東京語の場合

小林祥次郎 倭名類聚抄古活字版林羅山手沢本

小林千草日本書紀桃源抄〉におけるある抄文群の性格―〈桃源抄成立論の一てがかりとして

小松登美和泉式部正集』詞書敬語について

島田昌彦 本居春庭詞の通路』の「詞の延約の事」について

住谷芳幸 多羅葉記諸本考

関一雄 接尾語「ぶ」・「む」,「めく」「だつ」・「がる」の消長(二)平安時代仮名文学用例を中心に

竹岡正夫 富士谷成章自筆稿本新資料脚結変例』の研究―『あゆひ抄』稿本と刊本との間

土屋信一 江戸語資料としての式亭三馬滑稽本助動詞「べい」の使用を中心に

土屋博映今昔物語集』の「甲斐無シ」と「益無シ」

外山映次 洞門カナ抄用字(一斑)―ソウ・ヨウ・ロウの場合

根上剛士古今集和歌助辞分類」と「百人一首もとのこころ

根来司 時枝誠記博士と国語学史

野村雅昭 週刊誌のカタカナ表記

林四郎 漢字評価するための観点

林史典 日本字音における明母・泥母等の子音について法華経読誦音成立と伝承に関する問題をめぐって

林義雄 キリシタン口語資料における「―あふ」・「―やふ」の表記について

深野浩史 玄玖本『太平記』の施複点漢字について

舩城俊太郎 みつみつし久米の子らが

森野宗明 「まうと」考―平安時代における人物称呼表現についての一考察

湯沢質幸 唐音名目系統考

吉見孝夫 シダラナイからダラシナイへ

須賀一好 自他違い自動詞目的語、そして自他の分類

吉見孝夫 馬淵和夫博士略年譜

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。