馬淵和夫『国語音韻論』

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

馬淵和夫『国語音韻論』

馬淵和夫

笠間書院

一 音声音韻

  1 音声音韻

  2 音声学音韻論

二 現代語音韻

 3 発音器官

 4 現代語音韻

三 音韻変化と史的音韻論の方法

 5 音韻変化

 6 史的音韻論の方法

四 上代の音韻

 7 上代の音韻組織

 8 上代音韻音価

 9 上代音韻組織の崩壊

 10 古代の音韻

五 平安鎌倉時代音韻

 11 平安鎌倉時代母音変遷(一)

 12 平安鎌倉時代母音変遷(二)

 13 平安鎌倉時代母音変遷(三)

 14 平安鎌倉時代母音音価

 15 平安鎌倉時代子音音価(一)

 16 平安鎌倉時代子音音価(二)

 17 ハ行転呼音

 18 音便

 19 音便発生の原因

 20 拗音合音

 21 長音

 22 連声

六 室町時代音韻

  23 室町時代音韻組織

  24 室町時代音韻音価および変遷(一)

  25 室町時代音韻音価および変遷(二)

  26 室町時代音韻音価および変遷(三)

七 関西方言音韻成立

  27 関西方言音韻成立

八 江戸語東京語音韻

  28 江戸語東京語音韻

九 アクセント

  29 国語アクセント

十 アクセントの変遷

  30 アクセントの変遷

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。