馬淵和夫『国語史叢考』

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

馬淵和夫『国語史叢考』

馬淵和夫(1996)

笠間書院

国語史国語学史

 1.言語に対する主体的立場と観察的立場

 2.代表制的国語史への疑問

 3.明治以前の日本文法研究 鈴木朖の俸給

表記論〉

 4.日本語表記体

 5.表記の変遷

 6.表記法における正しさとは何か

 7.定家仮名つかいと契沖仮名つかい

 8.「平安仮名づかい」について

 「仮名づかい」について

音韻論

 9.私の音韻論

 10.音韻史をどうとらえるか

 11.国語の「清濁

   タ行子音 

悉曇

 日本最古の悉曇章と唐請来の悉曇

 梵語発音

 12.円仁在唐記梵字対注の解釈について

 13.大矢博士の写された「梵字口伝」について

 14.五十音図の基底にあるもの

漢字の音

 15.上代日本漢字音史研究の問題点

 16.三内説について

 17.『新撰字鏡』の「借音」について

 18.醍醐寺三宝院蔵「法華経釈文」の字音について

 19.呉音四声

 20.対馬音について

 21.もう一つのng音表記

 22.法華経音義明覚三蔵流について

  漢字

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。