馬淵和夫『五十音図の話』

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

馬淵和夫『五十音図の話』

馬淵和夫

五十音図の話

五十音図の話

(1993)

五十音図の 話』大修館書店

一 はじめに

二 現代の「五十音図

       現代の「五十音図

       明治初年の「五十音図

       「五十音図」という名称

       「五十音図」教授の意味

三 江戸時代の「五十音図

        漢字音研究

        五音五位之次第

        漢字反切の困難さ

        江戸時代初期の「五十音図

        悉曇学

        契沖五十音図

        契沖以後宣長までの「五十音図

        賀茂真渕の「五十聯音」

        本居宣長言語観

        宣長以後の大勢

        漢呉音図

        音韻仮字用例

        その他の「五十音図

四 中世音図

        東禅院心蓮

        東禅院流の「五十音図

        中世異流の「五十音図

        五音生起の「五音

        承澄の『反音抄

        信範音図

        了尊『悉曇輪略図抄』中の「五十音図

        直拗について

        直音拗音の図

        相通図

五 平安時代音図  明覚以後

        明覚の「五十音図

        兼朝の『悉曇反音略釈

六 音図の発生  明覚以前

        『金光明最勝王経音義』附載の「五十音図

        寛智の『悉曇要集記

        醍醐寺蔵『孔雀経音義』附載の音図

        「五十音図」の起源

七 おわりに

  後記

  索引

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。