飛田良文『東京語成立史の研究』

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

飛田良文『東京語成立史の研究』

東京語成立史の研究

東京語成立史の研究

飛田良文

はじめに

第一部 東京語研究の方法

 第一章 東京語研究の視点

  一 東京語とは何か 5

  二 東京語研究の歩み 11

  三 東京語成立過程を考える視点 19

  四 江戸語言語体系 26

  五 東京語の基盤となった江戸語

 第二章 東京語時代区分

  一 東京語を変えた外的要因

  二 教育行政と教科書の展開   45

  三 国定読本の出来るまで――東京語成立期 47

  四 標準語成立――東京語の定着期   49

  五 共通語時代――東京語の展開期   59

 第三章 東京語研究の現段階

  一 研究史の視点   63

  二 研究書の書名の扱い方から 63

  三 国語史概説書の扱い方から 68

  四 分野別の通史の扱い方から 71

 第四章 東京語研究の資料 76

  一 資料論はなぜ必要か   76

  二 東京語研究資料の特質   77

  三 東京語研究のための資料の分類 79

  四 東京語資料の性格   83

  五 資料の扱い上の注意事項   101


第二部 江戸語から東京語

 第一章 英米人の習得した江戸語 107

  一 江戸語を反映する外国資料 107

  二 江戸時代言語位相   109

  三 英米人のみた人称代名詞言語位相   114

  四 英米人の学習した人称代名詞用法 124

  五 英米人日本語研究日本語教師   139

  六 S.R.ブラウンとE.M.サトウの習得した江戸語 142

 第二章 英学会話書人称語彙 144

  一 英学とは何か   144

  二 会話書語彙の性格   145

  三 『和英商話』の人称語彙   

  四 『英蘭会話篇訳語』の人称語彙 153

  五 会話書現代語彙との関係 159

 第三章 山の手言葉の形成

  一 山の手言葉とは何か   162

  二 文化文政期の武士の言葉   164

  三 将軍徳川慶喜言葉   176

  四 大政奉還後の武士の言葉   178

第四章 東京語の形成――話し言葉の世界 184

  一 江戸時代から東京時代へ   184

  ニ 江戸語の衰退   87

  三 地方語の混入と同化   92

  四 男性言葉成立   98

  五 女性言葉の形成 

  六 標準的話し言葉の確立   208

第五章 東京語の形成――書き言葉の世界 214

  一 江戸時代から東京時代へ   214

  二 明治時代文章の種類   219

  三 書式のある文章   221

  四 個人の文章――公表しない文章   233

  五 個人の文章――公表する文章 240

  六 編集した文章    247

  七 宣伝文章   254

  八 教育用の文章    256


第三部 東京語各論研究

   音韻

 第一章 東京語音韻 264

 第二章 連母音「ア・ウ」の成立 267

  一 ワア行五段活用動詞語尾「ア・ウ」 267

  二 和英語林集成』における「ア・ウ」の実態 269

  三 辞書会話書における連母音「ア・ウ」 277

  四 「オー」から「ア・ウ」へ変化する過程 283

  五 連母音「ア・ウ」の成立する原因    290

 第三章 連母音「オ・ウ」の成立 295

  一 ワア行五段活用動詞語尾「オ・ウ」 295

  二 『和英語林集成』における「オ・ウ」の実態 297

  三 辞書会話書及び方言連母音「オ・ウ」302

  四 「オー」から「オ・ウ」への変化の過程 319

  五 「オー」から「オ・ウ」への変化の原因 322

 第四章 漢音呉音交替現象 325

  一 漢音呉音の交替による語形変化   325

  二 清濁の確実な文献資料   326

  三 漢音読み呉音読みの実態   329

  四 漢音呉音の交替する漢字   332

  五 漢音呉音とが交替する漢語   339

  六 漢音呉音とが交替する原因   339

 第五章 漢語連濁現象 343

  一 連濁の変化による語形変化   343

  二 連濁表記の確実な文献資料   344

  三 連濁現象の実態   347

  四 連濁の生ずる場合と消滅する場合 350

  五 連濁現象の変化する漢語   356

  六 連濁の消滅する原因   359

  七 明治大正時代連濁現象 360

 第六章 ヤ行拗音直音化現象 363

  一 シンジュクかシンジクか 363

  二 明治以前の直音化の実態 364

  三 明治以後の直音化の実態368

  四 「新宿」の読み方    373



II 語彙

 第一章 東京語語彙

  一 話し言葉  376

  二 漢語 377

  三 外来語  385

 第二章 明治以後の語彙の変遷 391

  一 語彙史視点    391

  二 明治・大正・昭和新聞語彙 393

  三 明治以後に作られた語彙 402

  四 話し言葉書き言葉語彙 404

 第三章 漢語の読みと同音語 406

  一 漢語とは何か   406

  二 漢語読み方の原則とその変化 407

  三 読み方の変化した漢語   411

  四 漢語同音語の問題   420

 第四章  漢語意識と和語意識 429

  一 漢語意識の問題点   429

  二 漢語の流行―話し言葉の世界 430

  三 漢語の流行―書き言葉の世界 433

  四 明治人の漢語批判   436

  五 明治人の和語批判 440

  六 漢語流行の原因と行方 443

 第五章 訳語成立事情 446

  一 訳語研究の前提   446

  二 蘭学者翻訳法   447

  三 訳語の形成過程   455

 第六章 比較級訳語「より」の成立 467

  一 副詞「より」は比較級訳語か 467

  二 日本英語教育と参考書   469

  三 英文典直訳における比較級訳語 475

  四 リーダー直訳における比較級訳語 481

  五 副詞「より」の一般化する過程 483

  六 助詞「より」から副詞「より」へ 484

 第七章 外来語の受容 487

  一 西洋料理との出合い   487

  ニ ソップからスープへ   489

  三 カレーライスとライスカレー 499

  四 アイスクリーム   509

 第八章 新語造語法 516

  一 新語とは何か   516

  二 だれが新語を造ったか 516

  三 庶民の造った新語 518

  四 知識人の造った新語――新造語 524

  五 知識人の造った新語――借用語 527

  六 知識人の造った新語――転用語 531

  七 造語法からみた新語の類型 534


III 文法

 第一章 東京語文法 538

 第二章 ワア行五段活用動詞ウ音便形促音便形 547

  ――『和英語林集成』を中心として――

  一 ウ音便形促音便形の問題 547

  二 『和英語林集成』における音便形の実態 549

  三 辞書会話書速記・研究書との比較 558

  四 辞書におけるウ音便形のかたより 565

  五 東京語ウ音便形の使用者   568

 第三章 サ変複合動詞上一段化――『和英語林集成』の場合 570

  一 サ変複合動詞の問題点   570

  二 『和英語林集成』におけるサ変複合動詞の実態 571

  三 上一段化の条件と語の性質   587

  四 サ変複合動詞上一段化する傾向   591

 第四章 完了の助動詞「ちゃう」の成立 593

  一 「ちゃった」の流行   593

  二 東京俗語「ちゃう」 597

  三 文学作品の「ちゃう」   601

  四 「ちゃう」の用法   613

 第五章 敬語 619

      ――S・R・ブラウンColloquial Japanese から Prendergast's Mastery System へ――

  一 S・R・ブラウン会話書敬語  

  二 Colloquial Japanese と Prendergast's Mastery System

  三 敬語動詞の実態   

  四 敬語動詞東京語化の過程   

 第六章 『一読三歎/当世書生気質』における書生敬語

  一 書生の登場  

  二 書生言葉遣い   

  三 書生敬語体系   



IV 文体文章

 第一章 東京語文体文章 646

 第二章 明治詔勅文文体 656

  一 詔勅文文体の問題 656

  二 明治詔勅文の種類と文体の移りかわり 658

  三 詔勅文における文体用法   

 第三章 高山樗牛書簡文文体 685

  一 書簡文文体の問題   685

  二 樗牛書簡文の実態   686

  三 樗牛の使用した文体の種類   697

  四 文体書簡用語との関連   703

  五 文体と! !!! ?との関連   714

  六 樗牛書簡口語文 715

 第四章 電報文文体 718

  一 電報文の問題点 718

  二 文範集解説文例 721

  三 公衆電報文体 725

  四 国定読本電報文 732

 第五章 普通文成立 737

  一 普通文とは何か   737

  二 普通文の定義と文例 738

  三 文部省の方針と普通文 749


V 文字表記

 第一章 東京語文字表記  760

 第二章 日本国語国字問題はどうして起ったか 769

  一 国語国字の問題点 769

  二 前島密の「漢字御廃止之議」 770

  三 明治以前の漢字批判 773

  四 漢字批判と時代思潮   777

  五 漢字批判と西洋文化   778

  六 国語問題発生の原因   781

 第三章 井上勤訳『月世界旅行』の振り仮名 782

   ――漢字片仮名交り文から漢字平仮名交り文へ――

  一 振り仮名研究の現状   782

  二 『月世界旅行』の振り仮名の実態   785

  三 初版本振り仮名   801

  四 再版本振り仮名   803

  五 漢字片仮名交り文漢字平仮名交り文振り仮名との関係 805

 第四章 丹羽純一郎訳『花柳春話』の振り仮名 809

  一 振り仮名の位置と役割  809

  二 『花柳春話』における振り仮名の実態 811

  三 振り仮名の位置と語種   822

  四 左側の振り仮名と本文との対応   827

  五 左側の振り仮名の役割   832

 第五章 永峯秀樹訳『富国論』の振り仮名 836

  一 『富国論』の振り仮名の位置    836

  二 『富国論』の本文と振り仮名の関係    838

  三 『富国論』の振り仮名の実態    844

  四 読み方を決定する振り仮名の役割    862

 第六章 句読表示成立過程――明治初年から『句読法案』まで―― 865

  一 句読法の改良運動   865

  二 句読法の試み    866

  三 仮名専用論者ローマ字専用論者句読表示    869

  四 速記者句読表示    872

  五 文学者句読表示    873

  六 、。使い分け表示法の源流    883

  七 漢訳洋書句読法の影響    884

英文要旨  892

索引  898

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。