飛田良文「明治大正時代の漢語の連濁現象」

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

飛田良文「明治大正時代の漢語の連濁現象」

飛田良文(1966)「明治大正時代漢語連濁現象」『日本文化研究所研究報告」第2集

 『東京語成立史の研究』第三部 I音韻 第五章へ


山田孝雄「連濁音の発生」(「国学院雑誌」10の8)

奥村三雄「字音の連濁について」(「国語国文」二一巻六号)

浜田敦「連濁と連声」?(「国語国文」二九巻八号)

森山隆連濁――上代語における――」(「語文研究」14)

今泉忠義日葡辞書を通して見た字音と語法と」(「国語学」第四集)

飛田良文和英語林集成の『和英の部』について」(「文化」27巻4号)

飛田良文和英語林集成語彙の性格」(「文芸研究」50集)

平林武雄「『和英語林集成』の語彙と定義」(「明治学院論叢」18号)

平林武雄ヘボン編『和英語林集成』第二版について」(『高橋源次博士還暦記念――英語文学論集――言葉と文学』)

磯貝俊枝明治初期における漢語の研究――『和英語林集成』を通して見た漢語の推移――」(東京女子大学日本文学研究会「日本文学」第22号)参照。

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。