韻鏡造閫鈔

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

韻鏡造閫鈔

寫本一卷、靜嘉堂文庫の藏。それには撰者の名を存せぬが、今は磨光餘論に從って圓貞の作とする。韻鏡考補(白井寛蔭)に「大抵易解に依れども易解の如き迂遠の文にはあらで書取り樣はるかに勝りて初學にも會得し易き文章なり。卷中さらに磨光の論見えず」と有るもので、開奩、祕事大全、頓悟抄、指南易解、避中抄、求源抄問答抄、詳解評林、諸抄大成、袖中祕傳抄、翻抄、見妖解、井蛙抄などを引けば其の博覽の程も知られるが、但し其の内容や隨波逐浪の見。

岡井慎吾日本漢字学史

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。