韻鏡藤氏傳

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

韻鏡藤氏傳

韻鏡藤氏傳二巻は藤原直養の著だから此の名が有るらしいが、富森一齋序文も亦著者らしい口吻で直養と一齋との関係は分らぬ。乾卷には七音直拗改正圖、本邦漢音清濁輕重字母定局、四十三轉の圖を、坤卷には圖及び門法説明を收めて居る。各轉の圖には毎字の右に邦音・左に唐音、下に反切を出したも磨光と同じいが、明和六年(二四三二)の序が有るから彼よりは後出。安永五年(二四三六)の板行だが、於乎輕重義にはこの書に再板が有ると云って居る。著しく韻鏡に據って居るが系統不明ゆゑ此處に。

岡井慎吾『日本漢字学史』

http://dbrec.nijl.ac.jp/KTG_W_658424



韻鏡藤氏傳序 明和六年春三月 富森一齋

韻鏡藤氏傳巻一

 七音直拗

 三十六母助紐総括

 五十字文新譯

 凡例

 棋置

 一十六摂

 内転外転

 開転合転

 開合發閉

 清濁

 軽重

 単行複行

 去声寄此

 三声韻

 切韻二字

 譯音

 細註

 一十六声縦横呼

 平上去入

 七音

 上古反切

 帰字例

 反切十二例

  第一正音

  第二畳音和

  第三異位音和

  第四二位一音和

  第五憑切

  第六互用

  第七双声

  第八畳韻

  第九嬢日往還

  第十泥日往還

  第十一従邪往還

  第十二床禪往還

 喉音往還

 匣喩往還

 破邪

  類隔

  疑喩往還

  字彙曰日人質切音實

  張氏曰上声濁音当呼為去声

  司馬温公交互音詩

  喉唇宮羽相通

  暁 唇牙相通

  開発収閉

 清濁字母次序異

  韻鏡張氏傳清濁字母

  韻学集成清濁字母

  韻学集成異説清濁字母

韻鏡凡例藤氏伝畢


附録

 切身例

 三折一律

 寄声

 寄韻並分韻

 指掌憑韻

 指掌憑切

 通廣並侷狭

 双声畳韻

 六書

 雑記

韻鏡藤氏伝付録畢

韻鏡藤氏伝後 安永元年十二月甲子 藤原直養于鳩峰山下


安永五年丙申孟春

 書林 二条御幸町西入町 山本長兵衛

    三条烏丸西入町 八幡屋勘三郎 彫刻



http://ci.nii.ac.jp/ncid/BB14153769 岡山大学

http://ci.nii.ac.jp/ncid/BB0725437X 東京大学

http://ci.nii.ac.jp/ncid/BA74906813 国立国語研究所

http://ci.nii.ac.jp/ncid/BA65367423 筑波大学

http://ci.nii.ac.jp/ncid/BA64751641 筑波大学

http://ci.nii.ac.jp/ncid/BA5684841X 神戸松蔭女子学院大学




国会,国会亀田,教大,東大,大阪府,北野,神宮

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。