韻母

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

韻母

いんぼ 中国語音節は普通[IMVE/T](または[IMVF/T])で表わされる。すなわち、Initial=*声母、Medial=介母(韻頭)、Vowel=韻腹、Ending(Final)=*韻尾、Tone=声調である。FでMVE/T全体を表わす事も有り、また韻尾のFをGEに分かつ場合もある。IMVE/Tで表わした場合のMVEの部分を韻母と呼ぶ。T(声調)をふくめて韻母と呼ぶ場合も有る。単に「韻」と呼んだ場合には、この「韻母」を指す場合の他、「韻部」「*韻目」(あるいはその中身)や「韻類」を指す場合も有る。また、「韻部」「韻類」といった用語も人によって使い方が異なる。*韻書では、VE/Tを同じくするものを一つの韻目の中に収めるのが普通であるが、Mが異なるものを別の韻目として立てる場合もある。

〔参考文献頼惟勤中国音韻論集』(平成元年 汲古書院) (岡島昭浩

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。