音韻研究の歴史

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

音韻研究の歴史

(一九七七)

岩波講座日本語5 音韻岩波書店

11 音韻研究の歴史(1)         馬淵和夫

一 古代における音韻研究

  ――国語音韻音韻組織の認識――

 1 万葉仮名の作成

 2 音図の作成

 3 平安時代における漢字音の研究

    ――特に声調の認識――

 4 悉曇学の伝来とその音韻研究より

    ――特に清濁の認識――

ニ 中世における音韻研究

 1 中世悉曇学より

    ――特に直拗観念の形成――

 2 中世における漢字音の研究

 3 キリシタン語学との出会い

三 近世における音韻研究

四 近代における音韻研究

12 音韻研究の歴史(2)         大橋保夫

 はじめに

一 音声学以前――科学へのいくつかの道――

ニ 音韻史実験音声学――「実質」の時代――

三 表記音声学――常識の効用と限界――

四 音韻論の誕生――「形相」の発見――

五 弁別素性論――普遍性の探究――

六 生成音韻論――解放と回帰――

七 音声の分析と合成――自然と文化――

 おわりに

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。