音韻啓蒙

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

音韻啓蒙

鳥海松亭

おんゐんけいもう

   音韻啓蒙  一巻  鳥海恭

 音韻に關する論述にて、其の目を擧ぐれば、総論、四聲清濁輕重の事、五十音排列の事、五音出生の大體をいふ事、未成普通のハヒフヘホ、成音のハヒフヘホ半濁音ハヒフヘホ清音パピプペポ濁音バビブベポ、拗音のファフィフゥフェフォ、五十音排列に従ひて合音する大抵の事、世界萬國同音の事、文字の事、音韻妙用の事、音轉に因て本據の異音を同一にすること、用字の絡は歌文より外に用ふべからざる事、音韻の理は知らずばあるべからざる事等なり。文化十二年乙亥(二四七五〕四月、亀田鵬齋漢文序あり。小泉雄周校正して同十三年發行せり。

◎烏海恭は仲黙と字し、松亭と號す。

http://www.let.osaka-u.ac.jp/~okajima/uwazura/kokusyokaidai/o/kokusyo_o053.html

杉本つとむ「江戸期、ある〈音韻論〉を読む?――鳥海松亭音韻啓蒙』小察――」


書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。