音図大全

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

音図大全

音圖大全 おんづたいぜん 語學書 一鋪

【著者】堀秀成

【刊行】明治九年十一月。音義全書(別項)に收めて大正二年刊。

【内容】五十音圖五段十行を音義から説明した圖表で、縱の行に開口、合口。張、縮。清、濁。内、外。本音、次音。通義の別ある事。横の五段に昇、降。天、地、氣。張、縮の別ある事及び五段は萬物の父、萬物萌騰、萬物本、萬物發生、萬物の母である事を圖示し、次に五十音の各音の音義を、即ちアイウエオ、クスツヌフムユルウの十四字には五義づつを、他の三十六字には三義づつを示したものである。五十音の各音について悉く音義を註したものであつで、著者の音義説の精髄である。その點に於いて本書は秀成の著書中最も重要視すベきものである。但しその所説は、取るベき點が無いでもないが、多く牽強附會で直ちに用ひ難きものである。

【附記】この圖を著者が解説したのものに「音圖大全解」(五卷、音義全書所收)がある。             〔龜田〕

http://blog.livedoor.jp/bunkengaku/archives/25231520.html
書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。