青木博史「複合動詞「~キル」の展開」

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

青木博史「複合動詞「~キル」の展開」

青木博史

2004

国語国文73-9

参考文献

愛宕八郎康隆(1978)「肥前長崎地方の「~キル」「~ユル」について」『長崎大学教育学部人文科学研究報告』27

石井正彦(1988)「接辞化の一類型――複合動詞後項の補助動詞化――」『方言研究年報』30

尾上圭介(2003)「ラレル文の多義性と七語」『言語』32-4

金沢裕之(1995)「可能副詞「ヨー」をめぐって」『国語国文』64-5

上村孝二(1968)「南九州方言文法概説――助動詞助詞――」『薩摩路』12

神部宏泰(1987)「九州方言可能表現」『兵庫教育大学研究紀要』7

木部暢子(2004)「九州可能表現の諸相――体系と歴史――」『国語国文薩摩路』48

木部暢子他(1988)「九州北部の可能表現『文献探究』21

九州方言学会(1969)『九州方言の基礎的研究』風間書房

九州方言研究会(2004)『西日本方言可能表現に関する調査報告書

金田一春彦(1976)「国語動詞の一分類」『日本語動詞のアスペクトむぎ書房

桜木郁子(未公刊)「福岡県筑後方言可能表現」平成11年度京都府立大学卒業論文

渋谷勝己(1993)「日本語可能表現の諸相と発展」『大阪大学文学部紀要』33-1

渋谷勝己(2000)「副詞エの意味『国語語彙史の研究』19 和泉書院

成允廷(2003)「古代諾の終了段階を表す複合動詞の後項要素についての考察――『源氏物語』の「はつ」、『今昔物語集』の「をはる」を中心に――」『国文』99

種友明日高貢一郎(1981)「大分県津江地方の可能表現」『大分大学教育学部研究紀要』5-6

姫野昌子(1999)『複合動詞の構造と意味用法ひつじ書房

森田良行(1989)『基礎日本語辞典角川書店

森山卓郎(1988)『日本語動詞述語文の研究明治書院

吉井健(1999)「上代における不可能を表す接尾動詞――アヘズ・カヌ・カツ+否定辞――」『井手至先生古稀記念国語国文学藻』和泉書院

書籍からの画像で注記のないものは、著者の著作権が切れ、刊行後五十年以上経っているものである筈です。