青木博史「四段対下二段の対応関係について」

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

青木博史「四段対下二段の対応関係について」

青木博史

京都府立大学学術報告「人文・社会」第53号

http://ci.nii.ac.jp/naid/110000033089

青木博史(1995)「中世室町期における四段動詞の下二段派生」『語文研究』79

青木伶子(1977)「使役――自動詞他動詞との関わりにおいて――」『成蹊国文亅10

朝山信弥(1942-1943)「国語の受動文について『国語国文』12-11,12-12,13-6

奥津敬一郎(1967)「自動化・他動化および両極化転形『国語学』70

尾上圭介(1998-1999)「文法を考える 出来文(1)-(3)」『日本語学』17-7,17-10,18-1

影山太郎(1996)『動詞意味論くろしお出版

川端善明(1997)『活用の研究II』清文堂

木田章義(1988)「活用形式の成立と上代特殊仮名遣『国語国文』57-1

木下正俊(1972)『萬葉集語法の研究塙書房

釘貫亨(1996)『古代日本語の形態変化和泉書院

此島正年(1973)『国語助動詞の研究桜楓社

西尾寅弥(1988)『現代語彙の研究明治書院

早津恵美子(1998)「「知らせる」「聞かせる」の他動詞性・使役動詞性」『語学研究所論集(東京外国語大学語学研究所)』3

細江逸記(1928)「我が国語の動詞の相(Voice)を論じ,動詞の活用形式の分岐するに至りし原理の一端に及ぶ」『岡倉先生記念論文集

馬淵和夫(1998)『古代日本語の姿武蔵野書院

屋名池誠(2000)「書評 釘貫亨著『古代日本語の形態変化』」『国語学』201

柳田征司(1973)「活用から見た抄物語彙」『愛媛大学教育学部紀要第H部人文・社会科学』5-1

    (1993)『室町時代語を通して見た日本語音韻史武蔵野書院

山口佳紀(1985)『古代日本語文法の成立の研究有精堂

湯沢幸吉郎(1936)『徳川時代言語研究刀江書院

ウェスリー・M・ヤコブセン(1989)「他動性とプロトタイプ論」『日本語学の新展開くろしお出版

Shibatani Masayoshi(1985)"Passives and Related Constructions:APrototype Analysis":LANGUAGE,61-4

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。