靈語通

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

靈語通

靈語通 一巻

 上田秋成著、寛政九年刊。本書の叙に依れば靈語通神名・國號・名物・詠歌・用語假名の六篇から成るものであると云ふが、所謂「靈語通」はその中の假名篇のみが刊行されたもので、他の五篇は世に傳はらない。本書は古書に徴して假名遣の事を説いて古代は、「い」「ゐ」、「を」「お」、「え」「ゑ」等の區別をしなかったことを述べ、又「じ」「ぢ」及び「ず」「づ」の區別についても意のまゝでよろしいと主張してゐる。同著者の「呵刈葭」と合せ見ればその所論は一層明かである。

【參考】

* 靈語通砭鍼  一巻 明治六年 岡本保孝著。況斎叢書?所収 「靈語通」中の二・三について辨駁したものである。

亀田次郎国語学書目解題」)

http://www.let.osaka-u.ac.jp/~okajima/uwazura/syomokukaidai/ra/kaidai_ra033.html

新潮日本文学大辞典 なし

国語学研究事典日本語学研究事典 蜂谷清人

岩波日本古典文学大辞典 遠藤和夫

書籍からの画像で注記のないものは、著者の著作権が切れ、刊行後五十年以上経っているものである筈です。