雅言成法

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

雅言成法

鹿持雅澄

http://www.let.osaka-u.ac.jp/~okajima/uwazura/kokusyokaidai/k1/kokusyo_ka048.html

http://www.let.osaka-u.ac.jp/~okajima/uwazura/syomokukaidai/ka/kaidai_ka009.html

http://blog.livedoor.jp/bunkengaku/archives/50712054.html

雅言成法 二巻二冊

 天保六年の頃、鹿持雅澄の著せるもの、明治二十六年刊。契沖以來古學復興し、眞淵宣長等出でゝ、奈良朝平安朝言語は略明かになったが、猶延約相通転訛等の法則については研究に缺くる所ありと云って、研究を進めたもので、(一)假略(二)非略(三)訛略(四)相通以下(十一)舒言に至るまで十一項に分って、これ等について例證をあげ、詳しく考究してゐる。就中略言に關する研究は卓見に富んでゐるが、從來學者が漠然と延約・通略?などゝ言って居たものを確實な資料によって組織的に研究した所に大きな價値が存するのである。

【參考】

* 「舒言三轉例舒言延言について著者は別に本書を著してゐる。併せ見るべきである。

亀田次郎国語学書目解題」)

近代デジタルライブラリー

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。