雅俗対訳国語辞林

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

雅俗対訳国語辞林

宮脇郁

雅言とは何ぞ。俗言とは何ぞ。此の二者の間には判然たる區別あるが如くにして、決して然らず。従來の國學者雅言俗言と稱せしは、予に於ては何の謂なるかを解しがたく、殆んど無意味なるが如き感なくんばあらず。念ふに、今日、雅言と稱するものは古代の俗言にあらずや。然らば、今日の俗言といふもの亦將來の雅言たらじともい

ひがたし。况んや、太古以來今日に至るまで、その語形意義の變ぜずして、文語にもロ語にも用ゐらるゝもの數多これあるや。然るに、此の間に儼然たる區劃を立てんとするが如きは、固より誤れるのみならず、古代の死語を以て雅とし、今日の活語を以て俗とするが如きは、最もいはれなき謬見といはざるべからす。

是を以て、本書に雅言といひ、俗言といふは、敢て從來の國學者のいふが如き意義に使用せるにあらず。要するに、雅言とは、今日にありては一般に用ゐられずして多くは、古文、又は、古文を摸したる文に用ゐらるヽものを指し、俗言とは、昔日にありてはあまり用ゐられずして、主として、今日普通に用ゐらるゝものを指すと知るべし。名稱は、唯通俗の稱呼に從ひたるのみ。

本書中の假字遣法は、雅言は一々古來の慣例に準據したれども、漢字又は俗言に至りては、概して發音に從ひたり。されど、彼此一定せざるものあり。例へばジヂ、ズヅ、オヲ等を混じたる,イウとユ-と、ソウとソ-との一様ならざるが如きこれなり。こは、材料を一人にして採集せしにあらずして、數人の手によりてせしと。初め

記述の方針を約せしにも關せず、不知不識の間に、從來の慣用法に束縛せられ、又は、偶然彼此を混合せるとによる。看者幸にこれを諒せよ。

本書を編纂する上に於て、編者の抱懐せる意見は一二に止らすといへども、今此にこれを詳述する餘裕を有せず。且つ、本書中の材料につきても、編者の意に満たざるもの少からず。こは、他日再版の期を待ちて訂正増補を加へ、以て漸次完成の域に達せしめんとす。

 明治三十九年四月下旬

                       編者しるす。

http://www.let.osaka-u.ac.jp/~okajima/gazoku/gazokutaiyaku.pdf

http://opac.ndl.go.jp/recordid/000000495300/jpn

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。