陣内正敬『日本人と日本語』

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

陣内正敬『日本人と日本語』

陣内正敬

平成24.1.1 自序

はじめに


序章 現代日本人日本語

 【関学アイデアカプセル講演録12011年1月放送・・・・・・・・・・…  1

  第1回)敬語とどう向き合う*    第2回)方言人気のわけ*

  第3回)外来語氾濫の理由*     第4回)日本人言語表現*


1章 現代日本人言語行動

1. 日本人ポライトネス ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・…  25

    (『日語研究』7 2010.12 商務印書館 北京)

2.「さあ、どうでしょう…」一外国人にわかりにくい日本人言語行動・…  33

    (『九大言語学研究室報告』15 1994.3 九州大学)

3.ぼかし表現の二面性一近づかない配慮と近づく配慮 ・・・・・・・・…  41

    (『日本社会における配慮の諸相』国立国語研究所2006,3くろしお出版)

4.多言語社会のコミュニケーション摩擦――「曖昧性」という課題――・・…  67

    (『日本語学』29・14 2011.1O 明治書院)

5.『敬語の指針』についての補足・解説 ・・・・・・・・・・・・・・… 77

    (『日本語学』25・6 2008.6 明治書院)


2章 言語行動時代性と地域性

6.言語行動としての高校野球・選手宣誓一スポーツ言語文化論の事例研究一・・81

    (『語学教育フォーラム』16 2008,6 大東文化大学)

7.高校野球・選手宣誓の時代性 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・… 98

    (『九大言語学論集』32 2012.3 九州大学)

8.関西方言の広がりと口本語のポストモダン・・・・・・・・・・・・・…  111

    (『関西方書の広がりとコミュニケーションの行方』2005.II和泉書院)

9.ポライトネス地域差(『方言の発見』2010,5ひつじ書房)・・・・・…  121

10.方言の年齢差――若者を中心に――・・・・…・・・…・・137

    (『日本語学』25-1 2006,1 明治書院)

11. 脱規範時代方言コミュニケーション…………142

   (『言語』30-1 2001.1 大修館書店)

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。