陣内正敬『地方中核都市方言の行方』

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

陣内正敬『地方中核都市方言の行方』

陣内正敬

『地方中核都市方言の行方 九州

地域語の生態シリーズ

1996年8月25日 初版1刷発行

おうふう


第1章 地方中核都市方言をめぐる状況  6

      1 言語環境の変容  6

       (1)影響関係と接触媒体  6

       (2)都市化とスピーチスタイル  8

       (3)九州の3大都市圈

      2 「福北」地域語のダイナミズム ある講演会より  10

       (1) 地域語とその変容  10

       (2) 統合化・均一化  14

        地域語の現状 共通語化のモデル/地域語の現状 福北地域/

        地域共通語

       (3) 多様化・差異化  19

        多様化する地域語/新方言

       (4) 言語生活地域語  25

       (5) これからの地域語  26


第2章 統合化・均一化の諸相  30

      1 福北の地域語  30

       (1)共通語アクセント型の獲得  30

       (2) 方言音から共通語音へ  35

        シェ、ジェ音/ラ行化音

       (3)語法共通語化 形容詞のイ語尾化   39

       (4) 俚言の消失  40

       (5) 東京弁化 方言変容の新局面  42

       (6) 福北地域語の広がり  43

        断定辞「ヤ」の東進・南進

      2 熊本の地域語  45

       (1) 関西方言博多方言との葛藤  45

       (2)方言標準語の使い分け  48

       (3)地域共通語標準語の接触による方言変化  51

       (4)音韻レベルにみられる標準語化  52

      3 鹿児島地域語  54

       (1) 全国共通語化の側面  54

       (2) 地域共通語化の側面  56


第3章 多様化・差異化の諸相  60

      1 福北の地域語  60

       (1)気づかない方言  60

       (2) 根強い方言  63

        アスペクト表現/非東京弁

       (3)方言新語あれこれ  66

        接触新語/ドリフト新語/グループ新語/方言復活

      2 熊本の地域語  72

       (1)新しい方言形の発生と広がり  72

       (2) 伝統的方言形の復活と改新  76

       (3)安定した地域共通語の実態  78

      3 鹿児島地域語  81

       (1) 気づかない方言  81

        今までの報告から/アツイデシタ/ヤスクデ

       (2)オツカレサマ 使い方の多様化 

       (3) カサン、オキン 「方言翻訳語」  89


第4章 言語生活地域語  93

  1 変種の使い分け  93

   (1) 方言の機能  93

   (2)アクセントの使い分け 94

   (3) 方言敬語共通語敬語  96

   変容の様子/重宝な「テアル敬語」/多用される「ラレル敬語」/「デスネ敬語」の隆盛

  2 方言意識をめぐって

   (1)「方言ショック」と方言使用のタイプ  100

   方言使用の類型と出身地域/アイデンティティおよび方言ショックをめぐって/学生の方言観

   (2) 九州若年層の各地方言観  111

   調査のねらい・方法/各地方言の好悪感/回答者の出身地域差/おわりに

   (3) ガ行鼻音意識  119

    ガ行鼻音について/九州関西若年層ガ行鼻音意識/地域別、男女別の比較/おわりに

   (4)博多人の方言意識博多方言のイメージ  127

    ネイティブにとっての博多弁/ノン・ネイティブの見た博多弁/おわりに

  3 標準語志向と方言志向 鹿児島方言の現状  133

   (1)鹿児島市の言語コードとその使い分け  133

    「からいも普通語」の存在/コードの選択/「からいも普通語」の位置づけが意味するもの

   (2) 方言語彙項目と言語意識  137

       在来方言形言語意識/新しい方言形言語意識

   (3) 話者の属性と方言使用  !H

        男女差/地域内部の接触度一社会ネットワークから見たネオ方言形の使用


第5章 これからの地域語  153

      1 地域語日本語教育 宇佐美まゆみ氏との対談より  153

      2 「ら抜き言葉」と外国人  175

      3 地域語の将来像  185


 関連文献  190

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。