阿辻哲次『知的生産の文化史』

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

阿辻哲次『知的生産の文化史』

阿辻哲次

ワープロがもたらす世界

丸善ライブラリー

平成3年8月20日発行



序章

 古代の文房具の発見

 耳にはさんだペン

 知的生産活動と筆記用具


第一章 紙以前の時代

 粘土板楔形文字

 パピルス世界

 羊皮紙の使用

 蝋板というもの

 中国での文字表記

 甲骨文字

 甲骨文字の刻み方

 極小の甲骨文字

 誰が刻んだのか

 青銅器銘文

 金文の制作方法

 金文の内容

 石に刻まれた文字

 竹簡木簡

 絹に書かれた文書


第二章 紙の登場と印刷時代

 さまざまな書写材料

 紙の発明

 前漢の「紙」

 蔡倫に対する評価

 中国における紙の普及

 初期の写本の姿

 日本への伝来

 西洋への伝播

 中世ヨーロッパ写本

 大学の誕生と紙の普及

 印刷の起源

 百万塔陀羅尼について

 中国における活字印刷

 グーテンベルクの発明


第三章 ワープロの登場

 ディスプレイキーボード時代

 鉛筆の歴史

 タイプライタの発明

 日本におけるタイプライタ

 和文タイプライタ

 カナタイプライタの歩み

 コンピュータ導入

 コンピュータ日本語

 ワードプロセッサの発明

 ワープロの進歩

 ワープロ和文タイプの違い

 ワープロの使い方

 キーボードによる入力

 各種のキーボード

 ローマ字入力

 JISキーボードでのかな入力

 新JISキーボードの問題点

 親指シフトキーボード

 キーボード最優先論


第四章 ワープロ時代文化を考える

 ワープロの普及

 ワープロ教室にて

 ひとつのアンケート

 悪筆ワープロ

 ワープロの旧途

 「辞書」の問題

 言語生活への影響

 日本語文法を学ぶ

 漢字制限論とのかかわり

 今こそ主体性の確立を


あとがき

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。