阪倉篤義『語構成の研究』

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

阪倉篤義『語構成の研究』

阪倉篤義(1966)『語構成の 研究』角川書店

第一篇 語構成論の方法

 第一章 語構成論の分野と立場

  第一節 語形成論と語構造

  第二節 語構成論の立場

 第二章 これまでの語構成研究

  第一節 文法論における語構成

  第二節 獨立の語構成

 第三章 單語認定の問題

  第一節 助動詞助詞接尾語

     附、活用について

  第二節 補助用言接辭

  第三節 接辭の位置づけ

 第四章 語構成論の方向

  第一節 文法論との關係

  第二節 意味論的觀點の必要

  第三節 語構成意識の探究と、その資料

第二篇 固有日本語語構成

  はじめに

 第一章 資料の檢討

  第一節 資料としての語彙の性格――萬葉語彙書紀古訓語彙

  第二節 書紀古訓語彙の取扱ひ

 第二章 語基について

  第一節 語基における音韻交替

  第二節 母音交替意義機能分化

 第三章 派生法と接辭とについて

  第一節 内的派生

  第二節 體言派生と、その接尾語

       接尾語ラ(ロ)と、その派生語

       接尾語ヤと、その派生語

       接尾語マと、その派生語

       接尾語力(ケ)と、その派生語

       接尾語サ(シ)と、その派生語

       接尾語タ(テ)と、その派生語

       接尾語クと、その派生語

       接尾語ラマと、その派生語

       接尾語サマと、その派生語

       ホ

       へ

       メ

       カタ

       シロ

       カラ

       タチ

       ドモ

  第三節 副用言派生と、その接尾語

       體言(+助詞ニ)形式副詞

       副詞シミラ・スガラの構成意味

       接尾語ラカ・ヤカと、その派生語

       接尾語ガテラの構成意味

       接尾語ヅカラ・ナガラと、その派生語

       その他の副詞派生語

  第四節 用言派生と、その接尾語

    形容動詞派生

    形容詞派生

       接尾語シと、その派生語-接尾語ケシと、その派生語

       接尾語ナシと、その派生語

    動詞派生

       接尾語ル・スと、その派生語

       接尾語フ(およびその肥大形ナフ〈ノフ〉・ハフ〈ホフ〉・ラフ〈ロフ〉・カフ・マフ)と、その派生語

       接尾語ム・ブと、その派生語

       接尾語ク(グ)と、その派生語

       接尾語ツ・ユ・ヌと、その派生語

       接尾語メク・ブル・ガルと、その派生語

  第五節 接頭語

       サ

       タ

       マ

       ス

       コ

       ヲ(男)

       ヲ(小)

       メ

       ミ

       オホ

       オホミ(オホン)

       オホキ(オホイ)

       トヨ

       モロ

       ウチ

       オシ

       サシ

       トリ

       ヒキ

       カキ

       モテ(モチ)

       アヒ

       マヰ(マウ)

 第四章 複合語について

  第一節 複合名詞構成

      名詞+名詞

       語根・軆言+名詞

       居體言+名詞

       名詞+居體言

       動詞(居體言)+居體言

       用言連體形+名詞

       名詞(居體言)+ノ+名詞(居體言)

       名詞+名詞(ときに居體言)

  第二節 複合動詞構成

       動詞(連用形)+動詞

       名詞(體言)+動詞

       名詞居體言など+ス

  第三節 複合形容詞構成

       名詞+形容詞

       動詞または形容詞+形容詞

  第四節 復合形容動詞・腹合副詞構成  附、疊語

 第五章 固有日本語語構成上の特性  むすび

  第一節 語構成法の、語彙による特性

  第二節 日本語の造語力


あとがき

語詞索引

事項・人名索引

題字 阪倉篤太郎

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。