阪倉篤義『日本語の語源』

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

阪倉篤義『日本語の語源』

阪倉篤義

講談社現代新書

昭和五三年九月二〇日第一刷発行

昭和五七年二月二〇日第五刷発行

日本語の語源 (講談社現代新書 518)

日本語の語源 (講談社現代新書 518)


橋本行洋「私が勧めるこの一冊」『日本語学』2011.3


第一部 語源をどう考えるか     5

 1 名づけの由来 6

区別のための記号

固有名詞の特色

なぜ「ヤマ」か

語源の探究

名は体を表わさない

「カステラ」「バリカン」

「むらさき」の語源

原義から転義

「おんな」の語源

語源探究のむずかしさ

 2 語源解釈類推 24

「おぎなう」は「置き縫ふ」

「文福ちゃまが」

語音転倒の条件

ツルベかツブレか

合理的関係づけ

「寝耳に水」

民衆語源

「目だくな」↓「めんどうだ」

宛字からの解釈

誤った回帰

月にやるせぬわが想い

新語創造と類推作用

 3 語源の考え方 40

語源学の方法

「□○り」の構造

擬態語語基

「-ら」の形

「あっさり」「やっぱり」

「しほ」と「しをる」

他の語との関係の探究

語基の設定

情態言

情態言の単独用法

名詞化するi

ウ列音で終わる語

動詞名詞の未分化

「春」の語源

「春」と「開く」

今後の課題


第二部 語源語義    65

 1 日本語の感情表現 66

 2 「やさしさ」の両面 82

     「はにかみ」「はづかし」「やさし」

 3 心のいたみ 96

     「いたはし」「いとほし」「いとはし」

 4 〈ことざま〉と〈こころざま〉 113

      「いと」「儘丸の主母」「竹天止」

 5 悲哀と愛情 126

      「かなし」「ゆかし」

 6 愛惜の思い 151

      「をし」「あたらし」「勿体なし」

 7 語義から語源へ 171

      「わりなし」


補注     180

あとがき       195

増補 日本語の語源 (平凡社ライブラリー)

増補 日本語の語源 (平凡社ライブラリー)

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。