関山和夫『説教の歴史

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

関山和夫『説教の歴史

関山和夫

説教の歴史 仏教話芸

岩波新書

ASIN:B000J8KEU4

   

 まえがき

はじめに

  涙と笑い

  説教話芸への関心

  説教の系譜

一 節談説教の型

  1 修業の方法

   美文雄弁

   前座修業

   説教道場

   聴き手と話し

 手説教所の繁栄

  2 型の伝承

   五段法

   芸能的な演出

   呼ばり説教と因縁譬喩説教

  3 説教の技巧

   東保流の雄弁

   語りのロ調

   説教台本

   せり弁・伝統の根強さ

   小説『青麦』の説教師像

二 説教話芸の源流

   ―初期・中古中世

  1 説教の素地

   説教から話芸

   釈尊説教

   声・弁・才・博

   初期の説教

   『日本霊異記

  2 説経師・講師の活躍

   法華八講

   一声・二節・三男

   説経師と講師

   人気商売

   『往生要集

  3 安居院流と三井寺派

   澄憲法印

   卓越した弁舌

   聖覚の名声

   二つの家元

   庶民層への浸透

  4 節談説教発展の基盤

   法然説教

   親鸞の化導

   蓮如説教方式

  5 無住と通俗説教

   無住民衆教化

   『沙石集』の洒脱性

   芸風説教の発展

三 説教大衆芸能

   ―近世

  1 近世初期の説教教化者

   弁蓮社袋中

   浅井了意

   真宗説教の正統者

  2 落語の始祖・安楽庵策伝

   不世出の咄上手

   『醒睡笑』の性格

   咄の落ち

   「説教文学」の系譜

  3 仏教落語

   露の五郎兵衛

   説教落語

   日蓮系統の噺

   落語の中の仏教

   林屋正蔵と怪談噺

   人情噺

4 説教三遊亭円朝

   円朝まんだら

   仏教的因果観

   円朝仏教思想

   「牡丹燈籠」の意図

   説教史の中の円朝

5説教講釈

   講談の源流

   戦記物語と法語

   御伽衆・御咄の衆

   赤松法印

   講釈

   談義説法の娯楽化

   談義本

6 節談説教説経

   節談説教の隆盛

   説経

   三井寺と説経

   説経節の盛衰

7 祭文・ちょんがれ・浪花節

   祭文俗化

   祭文形式

   教化僧円空

   ちょんがれ祭文から浪花節

8真宗説教

   菅原智洞

   粟津義圭

   説教本と説教

四 埋もれた芸能

   ―近代

  1 明治仏教

    布教者の混迷

    改良説教

  2 近代説教

    木村徹量

    宮部円成

    服部三智麿

    亀田千巌

  3 節談説教の衰退

    ―むすびにかえて―

    宗門内部からの批判

    現代の法話

    節談説教の採録

    消滅する説教話芸

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。