間宮芳生『日本民謡集』

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

間宮芳生『日本民謡集』

間宮芳生日本民謡集』

内田るり子編

昭和50年5月25日

全音楽譜出版


日本民謡集・第1集

さそり節(秋田県民謡)

子守唄(秋田県民謡)

子売唄(秋田県民謡)

弥三郎節(青森県民謡)


日本民謡集・第2集

朝草刈唄(青森県民謡)

なにゃとやら(岩手県民謡)

南部牛追唄(岩手県民謡)

翁舞の唄・囃子(青森県民謡)

とのさ(山形県民謡)


日本民謡集・第3集

銭吹唄(青森県民謡)

御祝(岩手県民謡)

松の舞(青森県民謡)


日本民謡集・第4集

こきりこ(富山県民謡)

大の阪(新潟県民謡)

まいまい(富山県民謡)

田植唄(富山県民謡)

さんさい踊り(富山県民謡)


日本民謡集・第5集

草切節(鹿児島民謡)

米搗まだら(長崎民謡)

ちらん節(鹿児島民謡)

でいらほん(東京都民謡)


日本民謡集について(間宮芳生)

詩と解説(解説・内田るり子)

日本民謡分布図

日本民謡におけるリズム(間宮芳生)*1

*1金田一春彦の「拍」の定義を引用

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。