長友千代治『江戸時代の書物と読書』

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

長友千代治『江戸時代の書物と読書』

長友千代治

江戸時代書物読書

東京堂出版

   二〇〇一年三月五日 初版発行

   二〇〇一年七月五日 再版発行

ISBN:4490204213

I 本屋読者

  一 商業出版の開始

   1 商業出版前史─古活字版まで─

   2 古典受容の盛況-寛永初期の整版印刷1

   3 商業出版の諸相li整版印刷の性格1

   4 初期商業出版の盛況─寛文書籍目録

  二 大衆読者成立

   1 通俗本の流布

   2 通俗的作者

  三 春本読書

   1 春本の別称

   2 春本の位置

   3 一人笑見、二人慰見

   4 貸本屋の目玉

   5 春本出版と販売

  四 八文字屋本読書

  五 読書さまざま(尋書有縁)

   1 辺境武将の読書(『上井覚兼日記』)

   2 朝廷文化サロン(『泰重卿記』)

   3 僧房の交遊(『隔莫記』)

   4 学者の講筵(『中院通村日記』)

   5 処世伝承(『河内屋可正旧記』)

   6 ドイツ人が見た日本書物(『江戸参府旅行日記』)

   7 侍講の書物御用(『新井白石日記』)

   8 学者の探書(『契沖書簡集』)

   9 画家の遍歴(『江漢西遊日記』)

   10 戯作者の交遊(『柳亭種彦日記』)

   11 蔵書家の交遊(『擁書楼日記』)

II 出版と受容

  一 『金銀万能丸』と『日本永代蔵

   1  『金銀万能丸』等の諸本

   2  『人鏡論』改題の理由は何か

   3  『金銀万能丸』と『日本永代蔵

  二 絵草紙考──心中本、演劇という回路

   1 絵草紙意味

   2 異事・珍聞・流行速報の絵草紙

   3 狂言本浄瑠璃本の板行

  三 軍書講釈世界

   1 近世軍書の受容

   2 軍書講釈の諸相

   3 三都軍書講釈

  四 出版書さまざま(江戸の書香)

   1 渋川版御伽草子

   2 懐中本『懐中/難波すゞめ全』

   3 八文字屋本の横本

   4 本の広告

   5 幼学の武者絵本

   6 近松絵入狂言本

   7 読本浄瑠璃

   8 都賀庭鐘読本

   9 黄表紙御存商売物

   10 滑稽本浮世風呂

   付  『浮世風呂』は『祗園祭礼信仰記』に着想を得ている

       ──中村幸彦先生に教えていただいたことの一つ──

   11 合巻の読則

   12 人情本春水

   13 年中行事『鍛正月揃』

   14 『庭木重宝記

   15 和刻本『居家必用事類』

   16 医学諺解書『医方/大成論和語鈔』

   17 諸鳥飼い方の本『喚子鳥』『諸鳥飼養/百千鳥』など

   18 『人相小鑑大全』など

   19 『寿福年代記綱目』

   20 名所図会

   21 絵入り根本

   22 枕草子

   23 近世活字本

   24 『絵本大人遊』

III 読書知識と書誌

  一 重宝記さまざま(江戸若者心得の本)

   1  『男重宝記

   2  『書札調法記

   3  『農家調宝記?

   4  『武家重宝記?

   5  『昼夜重宝記

   6  『薬店手鑑/薬種重宝記

   7  『増補呪咀調法記大全』など

   8  『万家日用改正字尽/冠字引重宝記

   9  『懐玉筆海重宝記

   10  『医道日用重宝記

   11  『鍼灸重宝記

   12  『外科重宝記

   13  『骨継療治重宝記

   14  『小児療治調法記』

   15  『牛療治調法記』

   16  『馬療調法記』

   17  『遊里不調法記』

   18  『早見/夢占大全─即席重法─』

   19  『万物絵本大全調法記』

   20  『童子専用/寺子調法記』

  二 書誌さまざま(古書春秋)

   1 和本の汚れを除く方法

   2 記録表紙記録

   3 題簽の大きさ

   4 書物代金受取証

   5 平田篤胤並びに門人著述の「蔵板入費」について

   6 ページと頁の違い

   7 五色のほめ言葉

あとがき

索引

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。