鏡味明克『地名が語る日本語』

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

鏡味明克『地名が語る日本語』

鏡味明克

地名が語る日本語南雲堂 叢書・ことば世界

一九八五年六月十五日

ISBN:4523261083

はしがき 


地名が語る言葉語源

 1 地名が語る歴史 

 2 地名が語る地理 

 3 言語芸術としての地名 

 4 語源研究の問題点

 5 日本語の歴史を正しくさかのぼる

 6 語源研究可能性と限界

 7 アイヌ語地名解釈


島の地名を探索する

 1 「島」の名まえ

   まず「島」の名称から

   「島」のよみ方

 2 島の名づけ

   島の地名命名の型

   小島よりも小さい大島

   数の地名

   擬似の島の名

   デルタ上の都市

 3 外国の島の名

   ネシアは島

   島の名でなかった「多島海」

 4 島の名のロマン

   沈没した島の伝承

   邪馬台国にも沈没説

 5 新しい島の名

   埋立地の島の名

   消えゆく台場

   夢の島

   家紋の扇島

   ポートアイランドが港島に

   これからの島の名


山の地名を考える

 1 山名のロマンと現実

 2 六甲山の語源

   六甲山は「向こうの山」ではない

   海岸地名「武庫」

 3 大山の読み方

   山名~センの集中分布

   「仙」の字の分布

   大山の影響

   仏教地名の山


数の地名読み方

 1 数の地名世界

   地名心理学

   計算の地名

   十八女

   辻と十文字

   ツヅラの地名

   市日の地名

   通番地名のいろいろ

   主な熟字訓慣用読み

 2 民家戸数の地名

   民家地名の研究

   軒の字義変遷

   戸数地名分布

   愛知県の戸数地名

   その他の戸数地名

   戸数地名の日中比較

   中国語の戸数地名

   朝鮮語の戸数地名

   中国語の戸数地名分布

 3 四条・七条の読み方変化

   音読みから訓読み

   北海道以外の四条・七条

   北海道の四条・七条

   北海道の条丁名の沿革

   北海道の四条・七条の読み方変化


都市の地名通称地名

 1 都市に生きる地名

   文京区から文京町へ

   旧町名の消え残り

   荒町は新町

 2 「こうじ」と「しょうじ」

  小路の読み方変遷

  全国各地の「小路」の読み方

  京都大阪の比較-付、奈良・山口

  全国各地の「こうじ」

  全国各地の「しょうじ」

  広小路の名

  「こうじ」から「しょうじ」へ

 3 新町名の問題点

  消えゆく城下町の町名

  旧地名改変の問題点

  新地名創作の問題点

  健康な日本語地名のために

 4 地図にない地名

  通称地名?確認のむずかしさ

  上六などの略称

  銀天街


北海道アイヌ語地名日本語地名

 1 アイヌ語地名日本語

  北海道地名の成り立ち

  あて字

  翻訳

  日本語に似た地名

 2 日本語地名北海道的性格

  改名

  国郡名の制定

  計画都市

  開拓地名

  出身地の地名の移植

  東北地方の延長としての地名

 3 これからの北海道地名のために

  漢字の功罪

  アイヌ語地名を守るために


日本語地名の国際化

 1 地名研究の国際交流 

 2 国際理解のための日本語地名表記 

索引 

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。