鈴木孝夫『武器としてのことば』

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

鈴木孝夫『武器としてのことば』

鈴木孝夫

〈新潮選書〉

昭和六十年九月二十日 発行

武器としてのことば―茶の間の国際情報学 (新潮選書)

武器としてのことば―茶の間の国際情報学 (新潮選書)

第一章 日本はいま、どんな国か

 1 日本は情報鎖国 9

  意外な結果、不測の事態

  ことばの軛《くびき》

 2 日本は攻撃的な加害者国家 

  平和のために、何をしているか

  経済超大国は平和主義国家ではあり得ない

  世界秩序形成の責任

  ことば――残された唯一の防衛手段

第二章 外国語教育の多様化を

 1 危険な英独仏中心主義 47

  ソ連嫌いの日本人

  貧弱なソ連研究

  冷遇されている朝鮮語

  アラビア語ペルシャ語

 2 構造改革を迫られる外国語教育 齠

  ヨーロッパ語は充分か

  教養語学の多様化を

  英語は専門にすると出来なくなる

第三章 日本語の国際化

  国際舞台での言語

  日本語を国連公用語

  公用語を決める条件は何か

  なぜ日本人職員が少ないのか

第四章 日本人にとって、英語とは何か

 1 英語日本人の最良の武器 

  武器としての英語

  英語は本当に国際語

 2 国際英語民族英語 

  英語は誰のものか

  英語は話せても、自己表現が出来ない

  目的ではなく、手段としての英語

 3 発信型の国際英語とは 

  英語教育の目的

  日本人の英語

第五章 受信から発信へ

 1 西欧中心主義からの離脱 鰯

  情報鎖国の構造

  蜃気楼効果

  失われた自己の回復

 2 日本の国際化にむけて 

  自己を規準とする発想を

  社会・文化科学の不毛について

  立場のある学問と立場のない学問

  言語の個別特殊性

  隠れた前提とは何か

  誰の立場に立つのか

後記 

書籍からの画像で注記のないものは、著者の著作権が切れ、刊行後五十年以上経っているものである筈です。