鈴木孝夫『教養としての言語学』

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

鈴木孝夫『教養としての言語学』

鈴木孝夫 岩波新書・新赤460、1996.9.20

 まえがき

第一章 記号としてのことば

 一 記号とは何か

 二 記号指示対象の関係

 三 記号論から見た動物の「ことば

 四 鳥の「ことば」と言語学

 五 蜜蜂の「ことば」と構造的非写像性

 六 猿の「ことば」と恣意性の発生条件

第二章 ことばの働きとあいさつ

 一 言語構成要素と基本的な機能

 二 あいさつ本質を考える

 三 あいさつ行動の三類型

 四 あいさつの生物学的基礎

 五 あいさつの力関係

第三章 指示語のしくみ

 一 指示指示

 二 人称代名詞指示性から見た分類

 三 対称詞(二人称)としての「彼」と「彼女」

 四 自称詞(一人称)としての「ひと」

第四章 人称をめぐる諸問題

 一 人称とは何か

 二 相手をどの人称で捉えるか

  1 三人称を使う 

  2 一人称で護しかける 

 三 自分をどの人称で表わすか

  1 三人称で表わす 

   A 親族用語を使う 

   B 三人称代名詞を使う 

  2 自分を二人称で捉える――ひとりごとのしくみ

 四 相手を非人格化するための一二人称

 五 内語における相手人称

第五章「言語干渉」から見た外来語

 一 言語干渉とは何か

 二 外国語による影響の六類型

  1 追加

  2 併存

  3 置き換え

  4 翻訳語

  5 意味拡張

  6 再命名

 三 西欧文明と日本

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。