鈴木孝夫「音韻交替と意義分化の関係について

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。

鈴木孝夫「音韻交替と意義分化の関係について

鈴木孝夫

――所謂清濁音対立を中心として

http://doi.org/10.11435/gengo1939.1962.42_23


『言語研究』42 (1962年

日本の言語学1』(大修館書店1981年)

鈴木孝夫『言語文化学ノート』?大修館書店 1998

等所収

書籍からの画像で注記のないものは、著者の著作権が切れ、刊行後五十年以上経っているものです。