鈴木孝夫「漢語は外来語か」

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

鈴木孝夫「漢語は外来語か」

鈴木孝夫漢語外来語か」(『言語』7巻2号 昭和53年2月)

一 漢語とは何か

二 外来語とは何か

三 漢語はなぜ外来語として感じられるのか

四 造語要素としての古典語要素の比較


森岡健二漢字の層別」、上智大学文学部紀要分冊『国文学論集』第七号、一九七三年。

鈴木孝夫漢字の音と訓について」、慶応義塾大学言語文化研究所紀要』第六号、一九七四年

SUZUKI, Takao "0n the Twofold Phonetic Realization of Basic Concepts : In Defence of Chinese Characters in Japanese" in Fred C.C. Peng ed. Language in Japanese Society, 1975, Tokyo.

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。